/  Antutu Benchmark  /  AntutuがSnapdragon 821とApple A10 Fusionを比較。どちらも成長著しく来年にも期待がかかる
Antutu Benchmark

AntutuがSnapdragon 821とApple A10 Fusionを比較。どちらも成長著しく来年にも期待がかかる


AntutuがSnapdragon 821とApple A10 Fusionを比較。どちらも成長著しく来年にも期待がかかる

Antutuベンチマークを提供しているAntutu社が現時点でのAndroid OS、iOSでの最高パフォーマンスを誇るQualcomm製SoC「Snapdragon821」とAppleが手がけるSoC「A10 Fusion」を比較しました。

この2つを比較したことで、「Androidが素晴らしい!、Appleはダメ!」や「Androidがダメ!、Appleは素晴らしい!」と言うような結果ではなく、双方の成長が素晴らしいことを求めております。

比較に使用しているスマートフォンは、Snapdragon821がLeEcoのLe Pro 3とApple A10 FusionがiPhone 7となっています。

 

10093028-content

まずがスペックでの比較です。

プロセスが、Snapdragon821が13nmでApple A10 Fusionが16nmとなっています。

基本的にプロセスの数字の低いほうが良いとされています。

 

CPUのコア数は同じ。

コアの使用方法も同じです。

 

GPUはSnapdragon821がAdreno 530、Apple A10 FusionがPowerVR Seriesとなっています。

Adreno 530はQualcommが開発しているSoC用GPU回路です。

グラフィックスAPI「Vulkan 1.0」を採用しています。

Apple A9からGPUが判明していないようです。

 

対応しているRAMの規格はどちらもLPDDR4となっています。

LPDDR5も開発、リリースが進んでいるようですが、スマートフォンに搭載されるのはもう少しかかると思います。

 

10093056-content

総合性能では、160,856点と170.124点となっています。

9.268点差でApple A10 Fusionが上回っております。

Snapdragon820ではOnePlus 3の14万点が現在TOPで、これと比較すると2万点ほどの差があり、成長が伺えます。

iPhone 6sに搭載されていたApple A9では13万点ほどで、これと比較すると4万点ほど上昇しております。

 

10093112-content

シングルコアの性能はSnapdagon821が13,523点、Apple A10 Fusionが20,300点で大きな差が有ります。

約2倍の性能差が有ります。

 

10093130-content

マルチコアの性能はSnapdragon821が13.203点、Apple A10 Fusionが14,590点。

若干Apple A10 Fusionの性能が高いですが、1コアあたりの性能と同じく優位に立っております。

 

10093152-content

GPUの性能ではSnapdragon821が60,277点、Apple A10 Fusionが48,564点となっています。

こちらはSnapdragon821に軍配が上がりました。

Adrenoは2009年にAMDから買収したモバイルプラットフォーム部門とグラフィックスチップ技術をベースとして開発をしています。

この比較から見えるのは、ゲームをするのであればSnapdragon821の方が良いということになります。

しかし、Androidは様々なチップを使用するため、固定の規格を持ったスマートフォンが存在しないため、完全に規格が固定されるAppleのiPhoneの方が最適化されているため、一概にSnapdragon821が良いとはいえません。

 

 

総評

全体的にみるとApple A10 Fusionが優位となりました。

シングルコア、マルチコアの性能はApple A10 Fusionに軍配が上がり、GPUはAdreno 530のおかげでSnapdragon821に軍配が上がりました。

 

Antutuはこの結果を受けてSnapdragon821を搭載したスマートフォンを利用しているユーザーは、iPhone 7に機種変更しSnapdragon821を搭載したスマートフォンを捨てる必要はなく、来年に投入されるSnapdragon830に期待している方が健全であるとしています。

どちらが良いか決めるのは他者ではなく、あなたの感覚です。

 

参考

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします