【2017年2月】中国市場の携帯電話販売台数ランキングが公開

中国の携帯電話に関する情報を集計している第一手机(n1 mobile)が2017年2月の販売台数ランキングを公開しました。

正確な販売台数は公開されておりませんので、1位と2位がどれだけ差があるのかわかりませんが、どのメーカーが中国において強いのかということはわかります。

 

メーカーランキング

  • 1位 ~ 10位

Huawei、OPPO、vivo、SAMSUNG、Gionee、Apple、Meizu、Xiaomi、Coolpad、LeEco。

ここは世界的に見ても有名なメーカーがズラリと並んでおります。

HOV(Huawei、OPPO、vivo)は常に上位を位置している状態で、他のメーカーの追随を許していません。

 

  • 11位 ~ 20位

honor、ZTE、Changhong、DOOV、lephone、Motorola、meitu、ivvi、HiSense、SOP。

HiSenseがMWC 2017にて両面スクリーンのHiSense A2を公開し、一躍有名になりました。

meituは自撮りをする女性向けに特化したスマートフォンを販売しており、一定の支持を受けています。

 

 

販売台数ランキング

  • 1位 ~ 10位

OPPO R9s(2798元)、vivo X9(2799元)、OPPO A57(1599元)、vivo Y67(1798元)、Huawei Mate 9(3988元)、Huawei Maimang 5(2399元)、Huawei Enjoy 6S(1499元)、vivo Y66(1498元)、Huawei Nova(2399元)、Huawei P9(3688元)

 

  • 11位 ~ 20位

OPPO A37(999元)、OPPO A59s(1999元)、vivo Y55(1498元)、iPhone 7 Plus(7188元)、iPhone 7(6188元)、honor Enjoy 6X(1599元)、vivo X9 Plus(3498元)、Meizu M5 Note(999元)、honor Enjoy 5(699元)、SUGAR Y7(999元)

 

圧倒的なHOVのランキングで、この3社(honorをHuaweiと同ブランドとする)を除くと14位のiPhone 7 Plus、15位のiPhone 7、18位のMeizu M5 Note、20位のSUGAR Y7の4機種しかランクインしていないことになります。

さらにこの3社は低価格モデルだけ、高価格モデルだけ売れているということはなく、まんべんなく売れているため完全に敵無しとなっています。

 

20位のSUGAR Y7を製造しているSUGARというメーカーは、スマートフォンの音量キーや電源キー、機種によってはカメラの周りにスワロフスキーを用いてる珍しいメーカーで、独自カスタムUIのSUGAR OSをスマートフォンに搭載しています。

以前は中価格から高価格のモデルを多く販売しておりましたが、最近では1000元を下回る低価格のスマートフォンを販売し始めています。

 

 

 

Source