【2017年Q1】中国市場の携帯電話販売台数ランキングが公開

中国の携帯電話に関する情報を集計している第一手机(n1 mobile)が2017年Q1(1月 ~ 3月)の販売台数ランキングを公開しました。

正確な販売台数は公開されておりませんので、1位と2位がどれだけ差があるのかわかりませんが、どのメーカーが中国において強いのかということはわかります。

 

メーカーランキング

  • 1 ~ 10位

Huawei、vivo、OPPO、SAMSUNG、Gionee、Apple、Meizu、Xiaomi、LeEco、Coolpad。

OPPOが5位から3位へランクアップ、XiaomiとLeEcoが入れ替わりました。

 

  • 11 ~ 20位

honor、ZTE、Changhong、lephone、Meitu、Lenovo、DOOV、ivvi、Motorola、SOP。

ここは入れ替わりが激しく、Lenovoが3つ、ivviとMotorolaが2つランクを落としています。

セーラームーンやハローキティとコラボした女性向けの自撮りスマホを展開しているMeituがランキング外から15位へランクイン。

 

 

販売台数ランキング

参考

1000元 -> 約16,000円

2000元 -> 約32,000円

3000元 -> 約49,000円

 

  • 1 ~ 10位

vivo X9(2798元)、OPPO R9s(2799元)、Huawei Mate 9(3899元)、OPPO A57(1599元)、Huawei Nova(2399元)、Huawei Maimang 5(2399元)、vivo Y67(1798元)、Huawei Enjoy 6s(1499元)、OPPO A59s(1999元)

OPPO A57がランクを20上げ、vivo Y67、Huawei Enjoy 6s、vivo Y66が新たにランクイン。

 

  • 11 ~ 20位

Huawei P9(3388元)、iPhone 7 Plus(7188元)、OPPO A37(1299元)、vivo Y55(1498元)、iPhone 7(6188元)、honor Enjoy 6X(1599元)、OPPO R9 Plus(3499元)、vivo X9 Plus(3298元)、Meizu M5 Note(999元)、Huawei Enjoy 6(1299元)

Huawei P9、OPPO A37、iPhone 7が大きくランクを落とし、OPPO R9 Plus、Huawei Enjoy 6がランクアップしました。

honor Enjoy 6X、vivo X9 Plus、Meizu M5 Noteは新規ランクイン。

 

  • 21 ~ 30位

honor Enjoy 5(599元)、vivo X9i(2798元)、Gionee F100(599元)、vivo Y51(1098元)、honor Enjoy 5A(699元)、SUGAR Y7(999元)、Gionee M6(2699元)、SAMGUNG Galaxy On5(1299元)、Huawei G9(1599元)、Huawei P10(3788元)

10機種中6機種が新規ランクインとなり、低価格向けの端末の販売を始めたSUGARのSUGAR Y7が26位にランクイン。

Huawei G9は11位もランクを落としましたが、実質的な後継機となるHuawei Novaが上位の5位にランクインしているので、上手に買い替えが行えているのでしょう。

 

1000元未満が5機種、1000元以上2000元未満が12機種、2000元以上3000元未満が6機種、3000元以上が7機種となり、中価格帯が人気で、更に、Huawei(honor)は11機種、vivoは7機種、OPPOは5機種ランクインし、今の中国市場はHOVが握っていると見ても良さそうです。

グローバル市場では圧倒的なSAMSUNGも中国市場では苦戦しているようで、開発が噂されているCDMA 2000に対応したExynos 7872による起死回生に期待がかかります。

 

 

Source