【2017年5月】中国市場の携帯電話販売台数ランキングが公開

中国の携帯電話に関する情報を集計している第一手机(n1 mobile)が2017年5月の販売台数ランキングを公開しました。

正確な販売台数は公開されておりませんので、1位と2位がどれだけ差があるのかわかりませんが、どのメーカーが中国において強いのかということはわかります。

 

2017年Q1のランキングが以下の記事をご覧ください。

 

メーカーランキング

  • 1 ~ 10位

Huawei、vivo、OPPO、Apple、Gionee、SAMSUNG、Xiaomi、MEIZU、honor、meitu。

Gioneeが1つ順位を上げてTOP5入りを果たし、他は大きな変化がありませんでした。

 

  • 11 ~ 20位

ZTE、LeEco、coolpad、Changhong、SUGAR、lephone、Redmi、DOOV、ivvi、SOP。

LenovoとMotorolaがランク外へ、SUGARが3つ順位を上げ、Redmiが新規ランクイン。

こちらの順位は低価格スマートフォンを販売しているメーカーが多くランクインしていますね。

 

 

販売台数ランキング

参考

1000元 -> 約16,000円

2000元 -> 約32,000円

3000元 -> 約49,000円

 

  • 1 ~ 10位

vivo X9(2598元)、Huawei Mate 9(3899元)、Huawei P10(3788元)、OPPO R9s(2599元)、Huawei Enjoy 7 Plus(1699元)、OPPO A57(1599元)、iPhone 7 Plus(7188元)、vivo Y67(1798元)、OPPO A59s(1999元)、vivo Y66(1498元)

Huawei Enjoy 7 Plusが新規ランクイン、OPPO A57が3つ、iPhone 7 Plusが4つ順位を上げています。

 

  • 11 ~ 20位

Huawei Maimang(2399元)、Huawei nova lite(1999元)、vivo X9 Plus(3498元)、Huawei nova(2399元)、OPPO A37(1199元)、Huawei Enjoy 6s(1299元)、vivo Y55(1298元)、OPPO R9s Plus(3299元)、iPhone 6(2578元)、iPhone 7(6188元)

Huawei nova lite、vivo X9 Plus、iPhone 6が2つ順位を上げていますが、その他のスマートフォンはランクを下げており、特にHuawei Enjoy 6sは6つも順位を下げています。

しかし、後継機となるHuawei Enjoy 7 PlusがTOP10に入っていますので、買い替えが進んでいると見ることが出来ます。

 

  • 21 ~ 30位

Huawei P10 Plus(4388元)、Xiaomi Redmi 4A(599元)、SAMSUNG Galaxy S8(5688元)、honor V9(2599元)、vivo Y51(998元)、SAMSUNG Galaxy S8+(6188元)、Xiaomi Mi 6(2499元)、honor Enjoy 5A(699元)、Gionee F100(699元)、honor 8 lite(1099元)

SAMSUNG Galaxy S8/S8+、honor V9が新規ランクイン、Xiaomi Redmi 4Aが24個、Xiaomi Mi 6は17個も順位を上げました。

honor Enjoy 5Aが9つ、honor 8 liteは5つランクを落としています。

 

  • 31 ~ 40位

Gionee F106(1099元)、Huawei Enjoy 6(1299元)、honor Enjoy 6X(1599元)、SUGAR Y7(999元)、SAMSUNG Galaxy C5(2199元)、Gionee F5(1499元)、Meizu M5 Note(1499元)、Gionee M6(2699元)、SUGAR S9(2499元)、Huawei Mate 9 Pro(4699元)

Gionee F106が新規ランクイン、SUGAR Y7が5つ、SAMSUNG Galaxy C5が10個ランクを上げ、Meizu M5 NoteとHuawei Mate 9 Proが共に13個ランクを落としています。

 

  • 41 ~ 50位

DOOV V3(799元)、honor 8(2299元)、Gionee Jingang2(1399元)、China Mobile A3(599元)、iPhone 6s(5388元)、iPhone 6s Plus(6188元)、SUGAR Y9(1299元)、SUGAR F7 mini(1199元)、lephone T7A(799元)、Gionee S9(2499元)

honor 8、China Mobile A3、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、SUGAR Y9、lephone T7Aが新規ランクイン、DOOV V3が7つ順位を上げ、Gionee Jingang2は10個、SUGAR F7 miniは16個、Gionee S9は15個ランクを落としています。

 

1000元未満が8機種、1000元以上2000元未満が18機種、2000元以上3000元未満が12機種、3000元以上4000元未満4機種、4000元以上が8機種となり、中価格帯が人気で、更にHuawei(honor)は15機種、OPPOは5機種、vivoは6機種と2017年も2016年のスマートフォン市場を引っ張ってきた華OV(Huawei、OPPO、vivo)が今年も活躍しそうですね。

SAMSUNGのフラッグシップモデルのGalaxy S8/S8+が揃ってランクインし、中価格帯ではGalaxy C5もランクインしており、中国市場での売り方がわかってきたのではないでしょうか。

中国のキャリアのChina Mobileの自社ブランドのChina Mobile A3がランクインしており、こちらはYunOSを搭載したエントリーモデルのスマートフォンです。

 

6月には京東618セール、それに対抗した天猫618蘇寧618があったので大きくランキングが変動すると思います。

販売台数ではXiaomiがトップを飾っており、どれだけXiaomiのスマートフォンがランクインするのかが見ものですね。

 

 

Source