/  Meizu Dev  /  ダウンロード先を探して、OTAファイルを直接ダウンロードする方法
Meizu Dev, Tips

ダウンロード先を探して、OTAファイルを直接ダウンロードする方法


ダウンロード先を探して、OTAファイルを直接ダウンロードする方法

スマートフォンをアップデートする時に必要なファイルはほぼOTAで降ってきます。

フルパッケージであれば公式サイトに配布していることが多々ありますが、OTAファイルは本体のバージョンによってファイルが異なりますので、ほぼ全てのメーカーで配布されません。

通信環境や謎の原因によってダウンロード速度が異常に遅い場合が有りますので、PCで直接ダウンロードしてしまおうというわけです。

中国メーカーのスマートフォンではファイラーアプリを使用するとアップデートをすることが出来るものが多いですが、大くのメーカーはOTAファイルを直接ダウンロードしても適用できなかったりしますので、「ファイルを集めるのが好きだ」という人にもおすすめです。

 

この直接ダウンロードする行為は、非公開なURLにアクセスしますので、あまりおすすめ出来ません。

おすすめ出来ないということも有り、細かい部分を端折って説明しますので、ある程度の知識がある人向けの記事となっています。

 

 

作業

必要なツール・アプリ

  • Wireshark
  • Pushbullet
  • tPacketCapture

 

①. ツール・アプリをそれぞれインストール

wireshark1

WiresharkとPushbulletはPCにインストール。

PushbulletとtPacketCaptureはAndroidスマートフォンにインストールします。

Pushbullet - SMS on PC
Pushbullet - SMS on PC
Developer: Pushbullet
Price: Free+
tPacketCapture
tPacketCapture
Price: Free

 

②. OTAファイルがダウンロード出来るか確認

s61206-210814

tPacketCaptureは通信先のログを取得するアプリですので、OTAファイルをダウンロード出来ないと話になりません。

この時点ではまだダウンロードしてはいけません。

 

③. tPacketCaptureでログを取得

s61207-001534

起動したらすぐに見える”Capture”ボタンをタップし有効化されたら、OTAファイルをダウンロードし始めます。

このアプリはVPNを擬似的に使用します。

OTAファイルが少しでもダウンロード出来ましたらログの取得を中止します。

 

④.  キャプチャーファイルをPCへ送信

s61207-001546

FILE LISTへ遷移させるとCapture Filesという項目がありますので、キャプチャーしたファイルをタップしてPushbulletを使って共有します。

“pcap”ファイルがPCに送信されたら完了です。

 

⑤. Wiresharkを使用してOTAのリンクを探す

wireshark

ファイル -> 開くで共有されたファイルを選択します。

するとずらずらーっと難しい言葉が流れると思います。

 

screenshot_951

 

上部にある「表示フィルタを適用します」に”http”と入力してエンターキーを押します。

するとInfoの列に”~.zip”があるとおもいますので、その行をクリックし、下の”Hyper Transpoter Protocol”を右クリックして”全ての見えているアイテム”でコピーし、テキストエディタに貼り付けると表示されるダウンロードリンクがOTAファイルのリンクです。

このリンクをブラウザで直接アクセスするとダウンロードが始まると思います。

 

 

 

今回はOTAファイルを探すのに使用しましたが、Wiresharkは不正な通信をしているアプリが何処に通信をしているかを可視化するのに役立ち、少し前のことですが、Es ファイルエクスプローラーが中国に不正通信をしている事を確認するのに使われています。

もちろん、PCのアプリケーションが何処に通信しているのか気になるようであればこのツールを使用して確認することが出来ます。

使い方は無限大ですので、何か気になるアプリの通信について調べてみては如何でしょうか?

 

 

参考



スポンサードリンク
シェアお願いします