Samsung Galaxy Note20 Ultra 5GのDxOMarkスコアは121点、Galaxy S20 Ultraは122点

Samsung Galaxy Note20 Ultra 5GのDxOMarkスコアは121点、Galaxy S20 Ultraは122点

Other

カメラの性能を総合的に評価しそのスコアを点数にすることでわかりやすいと評判のDxOMarkがSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gのカメラ性能を計測し、その結果を同サイトに公開しました。

 

今回使用したモデルはSamsung Exynos 990を搭載したSM-N986Bで、Qualcomm Snapdragon 865+を搭載したモデルではありません。Exynos 990を搭載したGalaxy Note20 Ultraは一般的にヨーロッパ市場とインド市場で販売されており、中国市場や香港市場、韓国市場やアメリカ市場ではSnapdragon 865+を搭載しています。日本の移動体通信事業者のauを展開するKDDIから販売されるGalaxy Note20 Ultra 5G SCG06もSnapdragon 865+を搭載しているため、今回算出された性能を見てauから販売されるGalaxy Note20 Ultra 5G SCG06の購入を検討するのはやめたほうがいいでしょう。

 

Galaxy Note20 Ultra 5Gの総合性能は121点で、PHOTO性能が130点、VIDEO性能は101点となりました。上の図は121点で同じXiaomi Mi CC9 Pro PremiumとHUAWEI Mate 30 Proと、Samsung Galaxy S20 Ultra 5G(SM-G988B/Exynos 990)をグラフを用いて簡単に比較したものです(クリック/タップすることで拡大できます)。PHOTO性能はZoom機能は弱いが、Wide機能は強く、VIDEO性能はTexture機能とArtifact機能は強いが、Noise機能は弱いことがグラフから見て取れます。

 

今回計測に使用したバージョンが公開された画像から明らかになっており、2020年8月20日(Samsung発表)に配布した“N986BXXU1ATH3”となっています。2020年10月7日現在、計測に使用されたバージョン以降に配布されたものは9月8日の“N986BXXS1ATH9”、10月5日に配布された“N986BXXU1ATI2”があり、最新のバージョンのリリースノートには「カメラのパフォーマンスが改善されました。」の記載があるので、DxOMarkの計測時よりのカメラの性能が優れているはずなので、今回DxOMarkによって発表された121点(PHOTO: 130点・VIDEO: 101点)は参考値にとどめておきませよう。

 

Source | 参考