SAMSUNGが微博にSAMSUNG Exynos 7 Series(7885)の情報を投稿。MEIZUが使用?SAMSUNGが使用?

SAMSUNGが微博にSAMSUNG Exynos 7 Series(7885)の情報を投稿。MEIZUが使用?SAMSUNGが使用?

Meizu E3

SAMSUNG製プロセッサーExynosの公式微博アカウントが最近発表された「SAMSUNG Exynos 7 Series(7885)」の情報を微博に投稿しました。

Exynosの公式アカウントはMEIZUが採用しなくともフラッグシップモデル向けプロセッサーの告知は今までしていましたが、ミドルレンジ向けのプロセッサーの告知はしたことがありませんでした。

何故急に告知をしたのか不明な点が多く、MEIZUが搭載するかもしれない、SAMSUNGが搭載するかもしれないと議論が繰り広げられています。

 

SAMSUNG Exynos 7 Series(7885)はSAMSUNG Exynos 5 Series(7872)と同じくCDMA2000に対応しているので、SAMSUNGは今まで採用していたQualcomm Snapdragonを搭載せずに中国市場に販売することが出来ます。

そういうことから投入モデルを発表する前から告知しているかもしれない、という説があります。

 

もうひとつはSAMSUNGから唯一供給されているMEIZUが採用するかもしれないという説で、1月17日に発表された魅藍 S6(Meizu S6)にはSAMSUNG Exynos 5 Series(7872)が搭載されて販売されていますので、リークが続いている魅藍 E3(Meizu E3)にSAMSUNG Exynos 7 Series(7885)が搭載されるのではないかとも考えられています。

しかしTENAAによるとCPUのクロック数が1.8GHzと書かれており、SAMSUNG Exynos 7 Series(7885)はA73(2.2GHz)+A53(1.6GHz)となっているので搭載される可能性は限りなく低いです。

 

兎にも角にも不思議な動きが見られます。

魅藍 E3(Meizu E3)にSAMSUNG Exynos 7 Series(7885)が搭載される、となるとこれ以上の喜びはないですがどうなるでしょうか。

 

SAMSUNG Exynos 7 Series(7885)のスペックは、製造プロセスが14nm FinFET、CPUはARM Cortex-A73(2.2GHz)x2 + Cortex-A53(1.6GHz)x6のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G71(クロック数不明) MP2、ISPはリア・フロント共に2170万画素でデュアルカメラは1600万画素+1600万画素、RAM規格はLPDDR4x、ストレージはeMMC 5.1とSD 3.0、LTEモデムは不明、LTEカテゴリーはCat.12 3CA 600bps(DL) / Cat.13 2CA 150Mbps(UL)、WLANは802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0、GPS、GLONASS、BeiDou(北斗)、Gallileoとなっています。

 

Source