Meizu MX6用全画面保護ガラスを試す

2.5Dガラスを有している最近のスマートフォンでは、ディスプレイを覆うだけのタイプだと、以前のスマートフォンのようにすべてを覆うことが出来ません。

そして、そういったタイプの保護ガラスは端が浮いてしまうことが多く、せっかく保護をしているのに見栄えはよくありません。

このようなことを避けるために全画面保護ガラスが存在します。

もちろん、相性によっては通常の保護ガラスでも端が浮かないものが有りますが、今回はてっとり早く全画面保護ガラスを試してみることにしました。

 

 

開封

img_2685

中国製スマートフォンの保護ガラスと言えば「NILLKIN」社製のものですね。

他にも色々な企業のガラスが存在しますが、取り敢えず購入するのであればこの企業の保護ガラスがおすすめです。

Meizu MX6の本体カラーがローズゴールドで、前面がホワイトですので、色に合わせてホワイトを購入。

 

img_2686

内容物は、ガラスフィルム、カメラ保護フィルム、クリーニングクロス、アルコール脱脂綿、ステッカーシール、マニュアルとなっています。

カメラの保護フィルムはNILLKIN社製の保護ガラス、保護フィルムを購入すると必ず付属します。

 

img_2688

貼る前に、どの様に設置すると良いのかを確認します。

保護ガラス、保護フィルムどちらも貼る前に必要な作業で、これをすることによって素早く貼り付けることが出来ます。

 

img_2689

実際に貼ってみました。

2.5Dガラスの上に保護ガラスを貼るという感じですので、カーブ部分に合わせて守ってくれるというものではありません。

あくまでも、通常の保護ガラスを貼ったときに出来る端の浮きを無くすのを目的としています。

 

img_2691

通常のガラスですと、スマートフォンの上部までは完全に保護をしませんが、全画面保護ガラスはその部分も覆うような形になるので、くぼみが出来てしまいます。

定期的に掃除をしないといけないという点はデメリットでしょう。

 

そして、全画面保護ガラスはTPUケースと干渉する可能性が高く、干渉しないケースを装着させたいのであれば、ハードケースが必然的におすすめとなります。

通販サイトで「このTPUケースがいいなぁ」と思った場合は、保護ガラスを諦めるかケースを諦めるかの2択になるでしょう。

極めて稀ですが、TPUケースを装着しても干渉しない物もありますので、なんとも言えないところです。

 

 

この保護ガラスはAliexpressで購入しました。

PayPalは使用できません。

以下のリンクから購入できます。

 

日本Amazonにも同等の製品がありますので、是非ご覧になって下さい。

 

mx6_1