これひとつで何役も!EC TechnologyのUSB3.0 Type C to USB3.0 Type A アダプターのレビュー!

EC TechnologyのUSB3.0 Type C to USB3.0 Type A アダプターのレビューをさせていただきます。

筆者はMacbookを所持していないので、Macbookの用途以外での使用方法をレビューします。

この製品は、EC Technology様より提供していただいたものです。

 

開封

 

IMG_2060

シート状のケースに入っております。

 

IMG_2061

製品はこれ。

コンパクトで5gと非常に軽い。

 

IMG_2062

こちらがメス側です。

USB 3.0に対応していることを表す青色があります。

ここに各種USB機器を差し込みます。

 

IMG_2063

こちらがオス側のUSB Type-C端子です。

Macbook Air/Proに差し込んだり、スマートフォンに差し込んだりします。

 

IMG_2065

キーボードを差し込むと文字を入力することが出来るようになります。

Bluetooth対応のキーボードは有線のキーボードと比べると価格が高いので、新たにキーボードを購入しなくても、こちらの製品を使用することで文字入力が出来るようになります。

日本語入力に対応させることも可能です。

 

IMG_2067

無線マウスの受信機を差し込む事で、マウスを使用することが出来るようになります。

ブラウザーを見ている時にマウスホイールを使ってするする画面遷移することも出来ました。

マウス横についている進む・戻るボタンの動作は問題なく動作しました。

ゲーミングマウスのような多種のボタンがあるものでも、Android側が対応していれば使用することが出来るコマンドが有るかもしれません。

 

画面が割れてしまってタッチでの操作ができないけれども、スマートフォンとしてまだ動作するときには、ファイルをバックアップするときに役に立ちます。

今回テストしたマウスは無線マウスでしたが、有線のマウスでも動作しますので、外で画面を割ってしまったという時には、中古の安いマウスを買ってバックアップだけするということが出来ます。

 

S60711-113214

この時にテストスマートフォンとしてMeizu Pro 6を使用し、初めて知ったのですが、クリックの強さで3D Touchを感知することが判明しました。

クリックする際に、少しだけ力を入れて押してすぐに離すと3D Touchが反応します。案外相性が良いのかもしれないです。

 

IMG_2066

もちろん、USBメモリを差し込んでファイルのやり取りを知ることも可能です。

USB 3.0に対応しているので、非常に早い送受信が出来ます。

 

IMG_2069

変わった使い方として、DAOコンの給電ケーブルを差し込むと光らせることが出来ます。

パソコンのUSB端子が埋まっているけれど、DAOコンを光らせたいというニッチな瞬間に使用することが出来ます。

 


 

Macbook専用と思っておりましたが、スマートフォンに接続しても便利なものです。

変態チックな使い方から、手堅い使い方、何でもそつなくこなします。

「俺はスマートフォン割らないよ」という方も取り敢えず買っておいてもいい製品です。

記事執筆時の価格は799円と1000円を切っていますのでお買い得。