Helio P10を搭載した中国電信向けのMeizu m1 metalのベンチマーク結果がユーザーによって公開。Helio X10よりもおとなしめのスコアに。

1月4日に販売された、SoCにHelio P10を搭載した中国電信向けのMeizu m1 metalのベンチマーク結果がユーザーによって公開されました。

中国電信は通信方式にCDMA2000を使用しており、同じ中国向けでも異なったSoCを搭載して提供されておりました。

Meizu m1 metalも例外ではなく、公開版・聯通版にはMT6795(Helio X10)を搭載して販売されましたが、中国電信向けではMT6755(Helio P10)を搭載したものに変更し販売されました。

その他のスペックは変わらないので、やはり気になるのがベンチマーク結果ということで画像を拝借してきました。

あくまでも指標の一つであり、すべてを表すわけではないので注意してください。

[wc_column size=”one-half” position=”first”]

IMG_0426

[wc_column size=”one-half” position=”last”]

IMG_0427

Helio X10を搭載した公開・聯通版は55,000程度でしたが、遥かに下のスコアとなる42,000となりました。

この中国電信版向けのMeizu m1 metalはAliexpressでは今現在購入できませんので、セラーと話し合って入荷してもらうか、現地に行くか、淘宝を利用して購入するしかありません。

CDMA2000がauのと合致するかわかりませんが、物好きな方試してみては如何でしょうか?

m1metal_1