Redmi Note 9 ProがGeekbenchに登場、Snapdragon 720Gを搭載

Redmi Note 9 ProがGeekbenchに登場、Snapdragon 720Gを搭載

Geekbench

Xiaomiが3月12日にインド市場向けに発表予定のRedmi Note 9 ProがGeekbenchに登場しました。

 

Redmi Note 9 ProのスペックはAndroid 10、RAM 6GBとなっています。搭載しているSoCは開発者向けコードからQualcomm Snapdragon 720Gであることがわかります。

 

Redmi Note 9 Proの従来機となるRedmi Note 8 ProはMediaTek Helio G90Tを搭載しAnTuTu Benchmark v8では約29万点となっているため、後継機となるRedmi Note 9 Proはそれを超える事が絶対条件となります。そのため、Snapdragon 720GはSnapdragon 730G(約27万点)よりも性能が優れている可能性が高く、数字の低いほうが性能が高いというわかりにくい製品展開を行われる可能性があります。

 

ちなみにRemi Note 9 Proは開発コードCurtana(カーテナ)を持っており、Wikipediaによるとイギリス王家に代々伝わる剣の名称と記載されています。

 

 

Source | 参考