Meizu Pro 6には3D Touchが搭載されないかも?weiboにてリーク

Meizuの2016年度Proシリーズスマートフォンの、Meizu Pro 6には3D Touchが搭載されると予想されていますが、weiboにて実機の動作映像がリークしました。

見た目はMeizuのスマートフォンで、Flyme OSが動作しているのがわかります。

 

Meizu Pro 5
Meizu Pro 5

 

Letv 1
Letv 1

 

OPPO R9
OPPO R9

今現在販売されているMeizu Pro 5の筐体上部は、通知ランプ・受話口・環境光センサー・インカメラとなっておりますが、今回リークしたMeizu Pro 6と見られるスマートフォンは、インカメラ・受話口・環境光センサーとなっており、見た目はLetv(現LeEco)の1sやOPPOのR9の様に見えます。中国ではベイマックスとして揶揄される作りになっており、今までのMeizu製スマートフォンとは少し違った作りになっております。

Meizu製スマートフォンとそっくりなことから、Meizu R9という蔑称が一部で使われているOPPO R9の動画の可能性も噂されていますが、今回リークした実機の筐体上部がOPPO R9と違っており、OPPO R9にFlyme OSを焼いて動作させている動画でもないことがわかります。

pro6_dline

そして、リークによって明らかになっているDラインも確認でき、これも今までのMeizu製スマートフォンにはなかった作りになっております。

 

もし、3D TouchをMeizu Pro 6に搭載させないとするならば、今までの画像が何だったのかという謎も生まれます。

3D Touchを使用した時に出るショートカットメニュー出現している画像を公式がアップロードしますので、どういう意図であの画像をアップロードしたのかわかりません。

 

Meizu Pro 6で今のところわかっているのは、Android OS 6.0 MarshmallowをカスタマイズしたFlyme OS 5、1920 x 1080のFHDディスプレイ、MediaTek製SoCのHelio X25(MT6797T) 2.5GHz + 2.0GHz + 1.5GHz のデカコアプロセッサ、GPUにARM Mali-T880、RAMは3GBと4GB、ROMに32GB、メインカメラ2100万画素・アウトカメラに500万画素となっております。

 

Source