Meizu Pro 6は何故盛り上がらなかった?Meizu Pro 5と比較してみます

4月13日に発表された2016年度のProシリーズスマートフォン、Meizu Pro 6が中国国内でいまいち盛り上がっておりません。

まだMeizu m3 noteに関心を寄せている人をよく見かけます。価格破壊起こしていますしね・・・。

せっかくのProシリーズスマートフォンというのに、何故盛り上がらなかったのかといいますと、前年度発表されたMeizu Pro 5の存在が起因となっております。

何故、前年度のMeizu Pro 5のせいで盛り上がらないのかを解説していきます。

 

簡単にスペック比較

 モデル Meizu Pro 5 Meizu Pro 6
 発売日  2015年10月18日  2016年4月23日
 OS  Flyme OS 5.1 (Android OS 5.1)  Flyme OS 5.2 (Android OS 6.0)
 CPU  Exynos 7420 (8コア)  Helio X25(MT6797T) (10コア)
 GPU  Mali-T760  Mali-T880
 RAM  3GB / 4GB LPDDR4  4GB LPDDR3
 ROM  32GB / 64GB
ディスプレイ(解像度) 1920 x 1080 (FullHD)
 ディスプレイサイズ  5.7インチ  5.2インチ
 カメラ
 2100万画素
 500万画素
 サイズ(縦 x 幅 x 厚) mm  156.7 x 78.0 x 7.5 mm  147.7 x 70.8 x 7.25 mm
 重量  168g  160g
 外部メモリ  対応 (128GB)  非対応
 バッテリー  3050mAh  2560mAh
その他機能  NFC  3D Press
 価格(元)  2799元 / 3099元  2499元 / 2799元

 

ぱっと見ると、進化しているように見受けられますが、細かい所を見ていくと退化しているところがあります。

SoCのCPUプロセスが14nmから20nmに下がっていること、GPUがMali-T760 MP8からMali-T880 MP4に下がっていること、内蔵ストレージの規格がUFS 2.0からeMMC 5.1に下がっていること、RAMがLPDDR4からLPDDR3に下がっていること、バッテリー容量が3050mAhから2560mAhに下がっております。

機能的なことではNFCや外部メモリが非対応になっております。

 

進化・・・していますでしょうか?退化しているようにも見ることが出来ます。

さらに、脱Exynosなのかわかりませんが3D処理に弱いMediaTek製のSoCを何故か利用していまず。

Helio X25を採用した理由として、バッテリーの持ちや動作の滑らかさを優先したといっておりますが、筐体サイズの縮小によりバッテリー容量が下がっているからHelio X25にせざるを得なかったのではないでしょうか?

 

さらにmPayというNFCを利用した決済サービスを行っているのに、NFCを排除してしまうという謎の試み。

 

と、必要な機能の排除やスペックダウンで前年度のMeizu Pro 5とあまり値段が変わらないのです。

盛り上がる要素ありますか?正直がっかりレベルです。

 

一般にも販売され始めれば評価は変わるかもしれませんが、今のところ中国で話題のスマートフォンはHuawei P9とXiaomi Maxです。

Meizu Pro 6が比較されるという事が一切ないので、いろいろがっかりしたんだろうなぁと思っております。

 

Meizu Pro 6のスペックは、Android 6.0をカスタマイズしたFlyme OS 5.1、1920 x 1080の5.2インチSuperAMOLED ディスプレイ、SoCにMediaTek製10コアのHelio X25(MT6797T)、GPUにMali-T880、RAM 4GB / 内蔵ストレージ 32GBと64GB、背面カメラ2100万画素 / 前面カメラ500万画素、バッテリー容量は2560mAhとなっております。