Pixel 5はPixel Neural Coreを非搭載、カメラの性能は最適化でPixel 4/4 XLと同様のパフォーマンスを発揮

Pixel 5はPixel Neural Coreを非搭載、カメラの性能は最適化でPixel 4/4 XLと同様のパフォーマンスを発揮

Other

先日Google初の5G通信対応機種として発表されたPixel 5がPixel 4とPixel 4 XLが搭載していたPixel Neural Coreを搭載していないことが公式のスペック表から明らかになりました。

 

過去にPixel 2/Pixel 2 XLとPixel 3/Pixel 3 XLはGoogleがカスタムデザインした画像処理用チップ“Pixel Visual Core”を搭載し、Googleは「この“Pixel Visual Core”を搭載することでLive HDR+機能と二重露光機能を有効にしている」と説明を行っていました。Pixel 4/Pixel 4 XLでは“Pixel Visual Core”を更に強化したPixel Neural Coreを搭載することで、Googleは「パフォーマンスとプライバシー向上のために、より多くのタスクがデバイス上で実行可能になりました。」と説明し、画像処理だけでなく多岐にわたる処理を行えるように進化しており、特に有名な機能としてFace Unlock、Googleアシスタントの最適化および高速化を実現していました。

 

しかし、今回発表されたPixel 5のスペック表にはPixel Neural Coreの記載はなく、商品紹介ページにも記載がありませんので搭載していないことになります。Pixel 5でPixel Neural Coreの搭載をやめた理由として挙がっているのが、Pixel 5が搭載しているSoCのQualcomm Snapdragon 765G 5Gの性能が優れていることが考えられています。Pixel 2/Pixel 2 XLとPixel 3/Pixel 3 XLに搭載されている旧世代の“Pixel Visual Core”の性能は1秒間に3兆回の演算を行えるようなので3 TOPSという性能で、Snapdragon 765G 5Gは“Pixel Visual Core”よりも更に高い5.5 TOPS、Pixel 4/Pixel 4 XLが搭載しているSnapdragon 855は更に高速な7 TOPS以上の性能を有しています。Pixel Neural Coreがどれほどの性能を有しているのか不明ですが、チップとして存在している以上はマザーボードのスペースを埋めることを意味するので、Snapdragon 765G 5G+Pixel Neural CoreよりもSnapdragon 765G 5G単体のほうがGoogleによって何か優れているものがあったと考えられます。

 

今回の情報についてアメリカ合衆国のメディアのAndroid PoliceはGoogleとのプライベートQ&AセッションでPixelハードウェアチームが、Googleの最適化によってPixel 4/Pixel 4 XLのSnapdragon 855+Pixel Neural Coreの組み合わせと同じ様にPixel 5はSnapdragon 765G 5Gを搭載しても同様のカメラパフォーマンスを発揮できると報告したようです。ただPixel 5はPixel Neural Coreを非搭載したことでFace Unlock機能が利用できないようになっており、指紋認証機能のみが使用できるようになっています。スマートフォンを利用する際のパフォーマンスはGoogleの最適化によって下がることはありませんでしたが、Face Unlock機能がなくなったことでスマートフォンとしての機能は下がっており、5G通信を頻繁に使用するかどうかでPixel 4/Pixel 4 XLとPixel 5の評価は変わってきそうです。

 

 

Source(1) | (2) | 参考