/  Other  /  2016年11月の中国国内におけるスマートフォンの販売数ランキングが公開。SAMSUNG、Xiaomiが大苦戦
Other

2016年11月の中国国内におけるスマートフォンの販売数ランキングが公開。SAMSUNG、Xiaomiが大苦戦


2016年11月の中国国内におけるスマートフォンの販売数ランキングが公開。SAMSUNG、Xiaomiが大苦戦

第一手机界(mobile no.1)にて2016年11月の中国国内におけるスマートフォンの販売数ランキングが公開されました。

詳細な販売数は出ておりません。

 

sell-ranking-11

 

TOP10のメーカーはHuawei、vivo、OPPO、Gionee、Apple、SAMSUNG、Meizu、LeEco、Coolpad、ZTEとなっています。

Gionee、Apple、Coolpadは1ランク上昇、ZTEは2ランク上昇しました。

一方でSAMSUNGが2ランク下落という厳しい販売数となっています。

Meizuは7位をキープしています。

一部の方は終わったメーカーと捉えているようですが、まだまだ人気のあるメーカーですので考えを改めないといけませんね。

 

11位から20位のメーカーはXiaomi、Honor、Lenovo、Lephone、ChangHong、ivvi、Motorola、TCL、SOP、DOOVという結果。

Xiaomiが2ランク下落という苦戦を強いられています。

終わったメーカーと捉えられているMeizuよりも成績が悪いことになります。

 

Lephoneはシニア向けのフィーチャーフォンを多く製造し、ChangHongはスペックが抑えられた低価格スマートフォンメーカーで、ivviはCoolapad傘下のメーカーでAlibabaが手がけるYunOSを搭載した低価格スマートフォンを製造しており、SOPは通話のみの利用を想定したベーシックフォンを製造し、DOOVはiPhoneに似たデザインのDOOV L7や女性向けのスマートフォンを多く製造しています。

詳しい内容は以下のブログを参考にして下さい。

参考 : blog of mobile

 

スマートフォンの機種別販売数ランキングは以下のようになりました。

sell-ranking-12

TOP10がOPPO R9s、vivo X7、Huawei Nova、Huawei Mate 9、vivo Y55、OPPO A37、Huawei MaiMang 5、vivo X7 Plus、vivo X9、Huawei P9となり、OPPOが2機種、vivoが4種、Huaweiが4機種となりました。

11位から20位がiPhone 7、OPPO A59s、iPhone 7 Plus、Huawei Mate 8、Huawei Enjoy 5s、Le 2、Gionee F100、Huawei G9、Huawei Enjoy 6、iPhone 6sで、Appleが3機種、OPPOが1機種、Huaweiが4機種、LeEcoが1機種です。

ランキングどおりにHuawei、vivo、OPPOがTOP3となっていて、この急速にシェアを伸ばした3社にどうやって追いつくかが他のメーカーの鍵となりそうです。

 

 

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします