2019年のモバイルAPのシェアが公開、Samsungが3番目に名乗りあげる

2019年のモバイルAPのシェアが公開、Samsungが3番目に名乗りあげる

Processor/Platform

2019年のモバイルAP(SoC)のシェアが公開されたことを韓国の聯合ニュース(Yonhap News Agency)が伝えています。

 

2019年のモバイルAPのシェアは、Snapdragonを開発しているQualcommが33.4%、DimensityやHelioを開発しているMediaTekが24.6%、Exynosを開発しているSamsungが14.1%、A+数字を開発しているAppleが13.1%という結果になりました。Appleは以前3位に位置していましたが0.5%ダウンして、2.2%アップしたSamsungに抜かされてしまいました。

 

この他HuaweiやHonorに搭載されているKirinを開発しているHiSiliocnはシェアは不明なものの、5番目に位置していることは明かされています。今回、シェアをYtoY比で伸ばしたのはSamsungとHiSiliconのみで、その他の企業はシェアを落としているようです。

 

ExynosはSamsungだけでなく大きなスマートフォンの出荷シェアを有しているvivoとMotorolaが積極採用しており、特に2019年はMotorolaが多くの機種に採用したことや、AシリーズとMシリーズにわかりやすくシリーズ再編を行ったSamsungの企業努力によって、大きくシェアを伸ばしたと考えられています。

 

Source