Meizu端末を使ってデジモノステーション2月号付録の「0SIM by So-net」と上手に付き合う方法

0SIM by So-netは一見すると便利なSIMカードですが、無料で使おうと考えている方にとっては思わぬ地雷が潜んでいるSIMカード。

その地雷は500MBを越すと通信費がかかるという点です。このSIMを開通させた方のほぼ全員が無料で使用していこうと考えていると思います。500MBを越えないで且つ、ぎりぎりまで使うということが出来れば完璧ですよね。

という訳で、Meizu端末の機能を利用して上手に0SIM by So-netを使ってみましょう。

上手な設定方法

S51228-245220

S51228-245311

Securityアプリ内のDataをタップします。

すると、データ通信に関する設定が出てくると思います。

Tap to set up dataをタップし、Data settingsを表示させます。

こちらの設定画面はデータ通信を細かく設定することが出来ます。

S51228-010556

S51228-245959

Data plan項目のRegular data plan内のMonthly data planに480と入力します。これは500MBにした場合だと、0SIM by So-netは500MBを超えた時点で料金が発生するため、余裕を持って制限をかけます。

Data項目のAverage worningにチェックを入れるとポップアップが表示されます。これは1日の通信料を超えた際に警告を出してくれるもので、あると非常に便利です。

更に、Monthly usage warning valuedは90 ~ 95%に設定します。これは先ほど設定した480MBの内、設定した%以上の通信が出た際に警告を出してくれます。

Others項目のDidplay usage in notification barを有効にします。読んで字のごとく、通知バーにデータ使用量が表示されます。

より強固にする場合は

S51228-010651

S51228-010655

Data画面に戻り、下部にあるMobile network permissionをタップします。

モバイルデータ通信で通信させないようにすることができるので、うっかりパズドラを開いて更新をしてしまって500MBを超えてしまうということもなくすことが可能です。

ただ、設定し過ぎると不便になってしまうので諸刃の剣です。

S51228-242543

S51228-010501

正しく設定するとこのような感じになります。

データ通信量が通知バーに表示されているのは心にとって非常に良いですね。

ファクトリーリセットを行うと通信記録も初期化されてしまうので注意してください。