グローバル版のMeizu PRO 7はMediaTek Helio P25モデルのみ。Helio X30モデルが欲しい場合は中国版を購入すること

背面にタッチ可能な小型カラーディスプレイを搭載したMeizu PRO 7には2つのモデルが有り、それぞれMediaTek Helio P25(MT6757CD)を搭載した4GB+64GBモデルとMediaTek Helio X30(MT6799)を搭載した4GB+128GBモデルとなっています。

名称にも少し差があり、前者はMeizu PRO 7-Sで後者がMeizu PRO 7-Hとなっていて、ReaMEIZUでもこの表記を採用しています。

 

まず、中国版のMeizu PRO 7-Sの型番はM792x-L、Meizu PRO 7-HはM792xとなっています。(xには投入キャリアを表すアルファベットのQ/M/Cが入る)

グローバル版はM792Hのみが認証を取得しており(Hはグローバル版を表す)、Meizu PRO 7-Hがグローバル市場に投入されるのだろうと考えていましたが、先日リリースされたファームウェアがMeizu PRO 7-S向けでしたので、グローバル版のMeizu PRO 7-Hは存在しないことになります。

 

そして、グローバル版のMeizu PRO 7の製品ページを見てみるとHelio X30モデルの記載がありません。

よってMeizu PRO 7のHelio X30モデルが欲しいのであれば中国版を購入する他にありません。

 

Meizu PRO 7のスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.0、5.2インチFHD(1920 x 1080)ディスプレイ、SoCはHelio P25(MT6757CD)のオクタコアプロセッサーとHelio X30(MT6799)のデカコアプロセッサー、GPUは前者がMali-T880 MP2、後者がIMG PowerVR 7XTP-MT4、リアカメラが1200万画素 + 1200万画素のデュアルカメラ(SONY IMX386)、フロントカメラが1600万画素、RAM 4GB + 内蔵ストレージ 64GB / 128GB の2モデル展開、バッテリーの容量が3000mAhです。

 

ちなみにMeizu PRO 7 Plusは中国版・グローバル版共にHelio X30を搭載していますので、このSoCを試したいのであれば簡単に購入することが出来ます。

ReaMEIZUでは6GB+128GBモデルのレビューをしていますので是非ご覧ください。