2015年Q3のAntutuベンチマークスコアランキングが発表され、2位と4000ポイントの差をつけ、トップに君臨したのはMeizu Pro 5

2015年Q3のAntutuベンチマークスコアランキングが発表され、2位と4000ポイントの差をつけ、トップに君臨したのはMeizu Pro 5
2015年10月24日

ベンチマークアプリとしてgeekbenchと双角を成す、Antutuベンチマークのスコアランキングが発表されました。

スコアランキングの数値は、AntutuベンチマークのVersion 5.7.2と5.7.3でのスコアを平均したものです。

そのスコアランキングでMeizu Pro 5が2位のGalaxy Note 5と4000ポイント猛者をつけトップに君臨しました。

スコアランキングを見てみると1~5位の全ての端末に搭載しているSoCがSAMSUNG製Exynos 7420となっており、SAMSUNGの高い技術力が伺えます。

その中でもSAMSUNG製SoCを利用させていただいている立場で本件本元の端末のスコアを抜くのは非常に難しいことであり、Meizuも高い技術力があると伺えます。

しかし、ベンチマーク結果が良かったからといってプチフリーズだったりラグだったりするバグに関しては必ずしも結果とは結びつかないので注意が必要です。

今回1位になったことによって多数の方がMeizuを知ることになりますので、顔に泥を塗らないよう、高い技術力で端末の完成度、Flyme OSの完成度を高めて欲しいと思います。

Meizu Pro 5は2モデル展開で、

通常版のスペックは、Android 5.1.0をカスタマイズしたFlyme OS 4.5、5.7インチFullHDのAMOLED液晶、サムスン製Exynos7420 2.1GHz オクタコアプロセッサ、フロントカメラに500万画素カメラ、メインカメラに2100万画素のSony製カメラ、3GB RAM、32GB ROMを搭載した高スペック端末になっております。

一方フラッグシップ版は、Android 5.1.0をカスタマイズしたFlyme OS 4.5、5.87ンチFullHDのAMOLED液晶、サムスン製Exynos7420 2.1GHz オクタコアプロセッサ、フロントカメラに500万画素カメラ、メインカメラに2100万画素のSony製カメラ、4GB RAM、64GB ROMを搭載した高スペック端末になっております。

Source:安兔兔发布:2015年Q3全球性能排行榜TOP10 – 资讯 – 安兔兔官方网站

pro5_1