Meizu M6sは画面に指紋認証センターが搭載される?新たな動画がリーク

1月17日に発表予定のMEIZUの魅藍ブランドスマートフォンとなる魅藍 6S(Meizu M6s)が画面で指紋認証機能を利用している動画がリークしました。

 

動画は4秒と短く、画面に触れた後に画面上に指紋のマークが表れ、所有している人が親指を押し当てるとロックが解除されるという流れになっています。

ですので、Meizu M6sが画面上で指紋認証機能を使用できるのではないかと話題になっています。

 

一部では動画を流しているだけなのではないか、と考えられていますが最初のタップは確実に画面に触れており、動画であればステータスバーが表示されるはずなので動画という可能性は低いです。

ただ、このMeizu M6sはフラッグシップモデルではなくミドルレンジモデルですので、何故このスペック帯に最新の技術を搭載するのかという疑問は拭えません。

本当であれば非常に嬉しいものですが、現実問題としてvivoがこの技術を最初に商用化すると見られておりますので何か細工が施された動画なのは確実でしょう。

 

魅藍 S6(Meizu M6s)はMEIZUのスマートフォンとして初めて18:9のアスペクト比の縦長ディスプレイを搭載する見込みで、長らく大事にしてきた触れると戻る、押し込むとホーム操作の出来たホームボタンのmTouchを排除したモデルになります。

判明しているスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6、18:9の5.7インチのHD+ディスプレイ、SoCはSAMSUNG製Exynos 7872、2930mAhのバッテリーとなっています。

SAMSUNGとしては初めてミドルレンジモデル向けのSoCを他社に提供することになります。

 

Source