新たに追加された“Easy Gesture”は不親切。ゲーマーは注意が必要

Flyme 7.1.7.1G Stableを適用したMeizu X8では新たなジェスチャーアクションとして“Easy gesture”が追加され、以前のAll-screen gestureとは異なって直感的な操作が可能になりました。

しかし、細かいところを見ていくと不親切な点が1つ見つかりました。

 

MeizuのEasy gestureは、左右ベゼルを画面内に向かってスワイプすると戻る操作、下ベゼルを画面内に向かって長くスワイプするとホーム操作、下ベゼルをスワイプしてホールドするとタスク操作に加えて、下のベゼルをスワイプアップしながら左へスワイプすると直前に使用していたアプリに遷移する操作が可能になっています。

このホーム操作が不親切で、ゲームをしている時にスワイプアップしてしまうと問答無用でホーム画面に戻されてしまいます。

 

私が普段使っているXiaomi Mi MIX 2Sに搭載されているMIUI 10環境におけるフルスクリーンジェスチャーは一度スワイプアップすると「もう一度スライドしてください」という注意ともとれる表示が出ます。なので操作ミスでスワイプアップしても問題なくゲームを続けることが出来ます。

 

MeizuのEasy gestureはこの点においては不親切であると感じます。音楽ゲームやリズムゲームではスワイプアップをさせるものもありますので、そのゲームをする際にはナビゲーションバーを表示して避けるしかありません。

「操作ミスでホーム画面に戻される」ならば「操作ミスをなくせばいい」というのは至極真っ当ですが、他企業が誤操作防止策を打っているのでMeizuも同じ機能を追加してほしいと思っています。