/  Tips  /  Meizu端末が届いたらすべきこと(使う前編)
Tips

Meizu端末が届いたらすべきこと(使う前編)


Meizu端末が届いたらすべきこと(使う前編)

Meizu端末を使うにおいて大切なことを記しているシリーズですが、今回は届いた後にすることを記したいと思います。この記事を読んでMeizu端末と正しく向き合いましょう。

正規品なのかチェック

Meizu端末はFlyme OSという特殊なOSを使用し、Meizu独自のリカバリーを持っているので偽物は出回りにくいのですが、一応輸入品ということもありますので、しっかりチェックしましょう。

meizu_service

上の画像はMeizu公式サイトの中の、サポートページになります。こちらのページに有る「真伪查询」をクリックするとシリアルナンバーを入力するポップアップウィンドウが出てくると思うので、こちらにシリアルナンバーを入力します。

シリアルナンバーを入力する際に注意することは、箱のシリアルナンバーと端末内のシリアルナンバーが一致しているのかという点です。

S50917-232503

赤枠で囲んだ所がシリアルナンバーになります。下の端末情報は起動させて何も設定せずに設定画面まで移動させてください。シリアルナンバーの確認が済めば初期化をしますので、念入りに設定しても時間が無駄になってしまいます。

シリアルナンバーを入力し、赤字で「SN有效」という表示が出たらMeizuの正規品となります。Aliexpressで購入した際はこれの確認が取れた時に決済をしましょう。

これで晴れて正規品のMeizu端末を購入したことになります。

初期化をする

せっかく購入した端末ですが、売り手によってはPlayストアを勝手にインストールしているなど余計なことをしている場合があります。Playストアだけを勝手にインストールしているならいいのですが、マルウェアを混入させたアプリケーションをインストールしてる場合がありますので、初期化をして個人情報の流出を見えている範囲で防ぎます。

初期化をする際にファームウェアが必要になります。Meizuでは最新のファームウェアは勿論のこと、過去のファームウェアもいつでもダウンロードできるようになっているのでファームウェアに関しては大変信頼の置ける企業になります。

初期化をする際に必要なファームウェアは製品一覧ページから購入した機種を選択し、「中国通用版」の最新ファームウェアをダウンロードして下さい。最新ファームウェアは表の一番上のものになります。

S50918-000042

S50918-000103

ダウンロードしたファームウェア(update.zip)を購入した端末のルートフォルダへ入れてください。ルートフォルダというのは最上階層のフォルダになりまして、ファイラーアプリを起動させた際に最初に表示されるフォルダのことで、そこにファームウェアを置きます。

そして、Meizu謹製のドキュメントアプリを起動させて、先ほどダウンロードし、ルートフォルダへ置いたファームウェアをタップし、「Clear user data too」にチェックを入れてRebootをタップします。この作業はMeizuがアップデートを配信した際にも使う時もあるので、この操作は覚えておいたほうがいいでしょう。

こちらのファームウェアは/system領域を一度削除して、削除された/system領域にアップデータファイルを送信していくタイプのアップデートデータになりますので、/system領域に巧妙に隠されたマルウェアを混入させたアプリケーションを削除することが出来ます。

S50918-001638

S50918-001647

ファームウェアの適用が完了しましたら、勝手に起動すると思います。そして、今回も初期設定画面をスキップし、設定画面へ移行します。設定画面内の「About phone」内の「Storage」をタップし、「Factory data reset」をタップし、「Factory reset」と「Format disk」にチェックマークを入れて、「START CLEANING」をタップしてもう一度データ削除をします。そして、一番大事な端末内のSDカード領域を削除します。こちらを削除しないと、不正通信をするファイルが有ったりするので、そういうファイルもマルウェアを混入させたアプリケーションも根絶やしさせます。

少々面倒ですが、こちらの作業を経て正規の端末をクリーンな状態で使うことが出来ます。



スポンサードリンク
シェアお願いします