【エイプリルフール】Flyme 6.7.4.1 beta Cat Editionがリリース

※ この記事はMeizu公式のエイプリルフールネタです。

 

 

Meizuは猫に特化したFlyme 6のFlyme 6.7.4.1 beta Cat Editionをリリースしました。

いつもは人間が人間に向けてのリリースとなっていますが、今回のリリースは人間が猫に向けてのものです。

 

音声識別機能は猫の言語、音、音調などの違い、全て「ニャーニャー」と書き込まれても、猫のイントネーションを深く理解し、歴史に前例のない猫語のデータベースと使って翻訳します。

この機能はすべてのニーズを理解し、Meizuのスマートフォンを使って小川で猫とコミュニケーションをとることが出来ます。

 

猫の百科事典もあり、生活に必要な質問数100万件の膨大なデータベースから人工知能を利用して、熟達したエントリから参照されるべき答えを検索します。

 

猫のペットモードでは小川を通じてペットモードを有効化することが出来ます。

ペットモードがONになったときは画面に表示されているタスクを全て完了した後にのみロック解除ができます。

 

美猫モードではより猫が美しくなるシステムを導入し、様子、体型、足並みなどの数十個の特性から友達から可愛いと賞賛されますので、その特性をより良くします。

 

 

ChanShi Vision™ 美猫エンジン

Flyme Cat EditionはChanShi Vision™という美猫エンジンを使用し、自動で猫の顔を判断し、より長所を引き出すことが出来ます。

美猫エンジンはクラウドデータから参照するため、より最高速で実用的な機能です。

 

丸顔機能もあり、顔の輪郭を綺麗に認識し、「耳を折り曲げる」機能や「半分だけ耳を折り曲げる」といった機能も完備。

美瞳機能は猫にとっていちばん重要な機能のひとつで、眼球に光を入れたり、瞳を大きくしたりし、より猫の魅力を引き出すことに成功させます。

斑の移動機能を使って、より自然な斑点を作ります。

 

毛並み調整機能にはChanShi Vision™のクラウドデータから0.2sで猫の毛髪を分析します。

毛色を調節したり、毛並みを調節したり、光沢を調節したり、さまざまな機能を使うことが出来ます。

 

首輪を使って猫の調子を見ることが出来ます。

体表温度や脳の活動、血圧心拍数などの多項目なものをリアルタイムで追跡し、もしも緊急の異常が現れたら自動で最寄りのペット病院へ「現在の状況を録音」させることが出来ます。

 

リアルタイム翻訳に対応し、Flyme Cat Editionを使用することで人間との対話が可能になっています。

 

ペットの猫を探す機能があり、長い間の外出による心配を解消するために、電話やネットワーク、Wi-FiとGPS機能を無理やりこじ開け、猫のリアルタイム追跡が可能になっています。

スマートフォンから飼い主の声を猫に直接届けることが可能で、家に帰ることを促すことも出来ます。

 

 

何百日もエンジニアは絶えず模索していたバージョンは、より一層Flymeが使いやすくなったと考えています。

Flyme Cat Editionは人間がねこのきもちを理解するためのバージョンで、「いつもは近くにいるけれども、心の距離は千里も遠い」事は昨日になると思っています。

あなたは本当にFlymeと猫によってまったく新たなコニュニケーションを生産したことを信じていただいたとき、世界は少し面白くなるかな?

 

Flyme 6.7.4.1 beta Cat Editionのダウンロードは以下のリンクから。

 

Source