MediaTekがAndroid Oreo(Go edition)のサポートを発表

GoogleはAndroid 8.1 Oreoの一般配信日と合わせてエントリーモデル向けのAndroid Oreoに最適化したバージョンとなる「Android Oreo (Go edition)」を発表しています。

2017年12月7日に台湾の半導体メーカーのMediaTekがこの「Android Oreo (Go edition)」をサポートすることを発表しました。

 

Googleによると512MB ~ 1GBのRAMを搭載した全てのAndroid Oreoデバイスがこの「Android Oreo (Go edition)」の最適化に対応しているようで、このプロジェクトはエントリーモデルでの市場展開拡充を狙ったものになっています。

MediaTekによるとエントリーモデル向けのプロセッサーのMT6739、MT6737、MT6780等が「Android Oreo (Go edition)」に対応しておりますので、エントリーモデルのプロセッサーは最新のAndroidバージョンに触れることが可能になっています。

 

「Android Oreo (Go edition)」の最適化に必要な構成要素はAndroid OS、Googleアプリケーション、Google Playストアの3で、このモデルを搭載すると動作スピードや信頼性が15%の向上、プリインストールされているGoogle純正アプリの内蔵ストレージの容量が50%の削減が期待できます。

さらに、データ通信量の節約機能が搭載されており、大幅に制限できるようです。

 

MediaTekは「Android Oreo (Go edition)」を搭載したスマートフォンをインド、中東、アフリカ、中南米、東南アジアなどの地域に展開する見込みのようです。

販売時期は2018年の第1四半期(1月~3月)で、世界的に行われる予定です。

 

MediaTekは他にもGoogleのGMS Expressプログラムをサポートする最初のチップメーカーになり、よりはやくAndroidソフトウェア、モバイルサービスを提供可能になっています。

さらに、フラッグシップモデル向けのHelio Xシリーズの開発を中止し、ミドルレンジモデル向けのHelio Pシリーズ、エントリーモデルに注力していくようですので、このプロジェクトの参加には大きな意味があるでしょう。

 

 

Source