MediaTek Helio P70は10月下旬に発表予定と関係者が明かす

MediaTek Helio P60のマイナーチェンジモデルと予想されているHelio P70が10月下旬に発表する予定であると業界関係者がリークしました。

 

MediaTekはフラッグシップモデル向けHelio Xシリーズとミドルレンジモデル向けHelio Pシリーズを展開していますが、2017年のHelio X30の出来が他社と比べると悪く、売れ行きも良くなかったため開発を一時凍結しHelio Pシリーズへの一本化を2017年11月に表明しています。今年はミドルレンジモデルからエントリーモデルのHelio Aシリーズの開発を発表しています。

2018年初めにはQualcomm Snapdragon 660対抗機としてHelio P60を発表し確かな実力からOPPOやvivo、その他のメーカーに採用されています。そんな中、QualcommがSnapdragon 660のマイナーチェンジモデルとしてSnapdragon 710Snapdragon 670を開発・提供したことによってHelio P60の上位版を渇望する声がありました。

 

今回Helio P60の上位方向のマイナーチェンジモデルとしてHelio P70の存在は2017年の終わり頃に伝えられていましたがようやく発表するようです。発表時期は10月下旬とされており、発表会を開催するのか公式サイトのみで発表するのか、どこかのメーカーが初採用しそのときに発表されるのかわかっていません。Helio P60はMWC 2018でMediaTekによって発表されましたが、Helio A22はXiaomi Redmi 6の発表会で発表されました。

 

予想されているスペックはTSMC製12nm FinFET製造プロセス、ARM Cortex-A73(2.5GHz) + A54(2.0GHz)の4+4のオクタコア構成で、GPUはARM Mali-G52 MP4 800MHzです。2018年1月にリークされたHelio P70と思われるAnTuTuベンチマークスコアはCPU性能が73,969点、GPU性能が30,737点、UX性能が41,089点、MEM性能が11,111点で総合性能が156,906点です。この点数はSnapdragon 670とほぼ同じですが、個別に見ていくとCPU性能はSnapdragon 710よりも高く、GPU性能はSnapdragon 660レベルとなっています。

Helio P70はMWC 2018でUlefone T2 Proが搭載していたというニュースがあり、OPPOやvivoよりもUlefoneが早くに販売する可能性があります。

 

Source(1) | Source(2)