/  Meizu Dev  /  Meizu m2 noteの非公式CyanogenMod 12.1(RC2)がリリース
Meizu Dev, Meizu m2 note

Meizu m2 noteの非公式CyanogenMod 12.1(RC2)がリリース


Meizu m2 noteの非公式CyanogenMod 12.1(RC2)がリリース

2015年度のMシリーズスマートフォンのMeizu m2 noteのCyanogenMod 12.1のRC1がアップデートされ、RC2がリリースされました。

Meizuの特徴的な機能である「mBack」が動作するようで、Meizuの機能を惜しみなく使用できるようになっております。

 

 

Meizu m2 noteはMeizu製スマートフォンでは珍しく、カーネルソースが公開されています。

 

 

RC2の修正は以下のようになっております。

  • [kernel] general updates, cleanup , disabled KSM & UKSM for battery performance
  • [removed] ANT+ was only partially working and caused battery drain (it seems)
  • [battery] disabled both ANT (see above) and a few unneeded kernel features that might have caused a bit of draining issues, this should be better now !
  • [stability] overall cleanup (overlays, values, etc..)
  • [gestures] CMActions was cleaned and a few bugs were fixed, the gestures are now enabled/disabled by a switch but remains customisable when you press on them
  • [misc] adb is not root by default anymore (this might help those who play PoGo) use the dev settings to change that

 

How to flash

①. Meizu m2 noteのブートローダーを非公式にアンロックします。

アンロックが完了したら、TWRPをfastbootモードからリカバリー領域へ焼きます。

一連の操作は以下の記事をご覧ください。

 

 

②. ROMとGappsを内蔵ストレージに保存し、TWRPからインストール

“cm-12.1-RC2-UNOFFICIAL-m2note.zip”(10月18日での最新版)とGapps(Android 5.1.1用arm64版)を内蔵ストレージに保存し、TWRPからインストールします。

その際に、wipe systemをfactory resetを忘れないようにして下さい。

両ファイルのインストールが終われば、CyanogenMod 12.1の導入は完了です。

 

 

リンク

Source

Thanks

作者のGithub



スポンサードリンク
シェアお願いします