Ludashiがスマートフォンの通常時の温度を公開、Meizu 18が1位の不甲斐ない結果に

Ludashiがスマートフォンの通常時の温度を公開、Meizu 18が1位の不甲斐ない結果に

中国市場ではAnTuTu Benchmarkと双璧をなすLudashi(魯大師)が通常時におけるスマートフォンの温度をまとめたランキングを公開しました。

 

「何をもって通常」としているか明らかにしていませんが、計測するのはチップ(Snapdragon 888 5GやSnapdragon 870 5Gなど)の温度としています。

 

2021年上半期(1月-6月)のユーザーレポートでのSnapdragon 888 5Gを搭載した製品の中ではMeizu 18が2位のXiaomi Mi 11 Proと0.78℃差をつけて37.20℃で不甲斐ない1位になりました。この結果についてLudashiは小型製品故に散熱ユニットの領域が狭いことが考えられるとしています。

 

この他、Snapdragon 870 5GはBlackShark 4の35.80℃、Snapdragon 865 5G/865 Plus 5GはXiaomi Mi 10 Proの32.91℃で、爆熱で知られるSnapdragon 888 5Gをデータで裏付ける結果になりました。

 

爆熱が明らかになったSnapdragon 888 5Gですが、散熱に力を入れているASUS ROG Phone 5は33.24℃となっており、いくらか対処するのは可能なようです。