Snapdragon 662搭載Lenovo XiaoXin Padを一部市場でLenovo Tab K11に改名して販売か

Snapdragon 662搭載Lenovo XiaoXin Padを一部市場でLenovo Tab K11に改名して販売か

Other

日本でもいくつかユーザーの存在する中国市場向けのLenovo XiaoXin Padですが、Lenovo Tab K11に改名して販売する可能性がGoogle Play対応端末(Google Play Supported devices)に追加されたことで明らかになりました。

 

そもそもLenovo XiaoXin Padは一部の市場でLenovo Tab P11として販売されているので既に国際展開をしていますが、Google Play対応端末では新たにLenovo Tab K11の名称で追加されています。

 

LenovoはLenovo Tab Kシリーズを新たに開設する可能性がLenovo Tab K8 HDLenovo Tab K10の存在によって明るみに出ており、その中のLenovo Tab K8 HDは中国市場向けとビルド番号から推測できるので、XiaoXin(小新)を冠しないLenovo Tab製品として販売される可能性が高いです。

 

Lenovo XiaoXin PadとLenovo Tab K11は同じ型番を採用しているので、デザインやスペックが大幅に変更される可能性は低く、主なスペックとしてAndroid 10、60Hz 11.0インチ 2K(2000x1200) LCD、Snapdragon 662、RAM 6GB+内蔵ストレージ 128GB(外部: 最大1TB)、リアカメラは1300万画素、フロントカメラは800万画素、バッテリー容量は7700mAhとなっています。

 

Source