LeEco、スマートフォン市場の再参入を発表

LeEco、スマートフォン市場の再参入を発表

LeEco(楽視グループ)は2021年5月18日に中国で開催した楽視智能生態発布会にてスマートフォン市場への再参入を発表しました。

 

LeEcoは2015年4月に開催した発表会でLe 1(楽視超級手机1)、Le 1 Pro(楽視超級手机1 Pro)、Le Max(楽視超級手机Max)を発表しスマートフォン市場へ参入。その後立て続けに低価格+高スペックの製品を発表し続け、確かな品質と安さによって中国国外でも注目され、出荷台数は2015年は400万台、2016年は1700万台にも達しました。

 

しかし、“コストパフォーマンス”に注目されたLeEcoのスマートフォンですが販売すれば販売するほど損をする仕組みと言われており、あのXiaomiでも「ハードウェア製品の利益率を永久的に5%以下に抑える」と約束するほどなので、薄利多売ではなく損をするのは無謀だったと言えるでしょう。また、LeEco本体の事業の失速や無理な多角化によって赤字続きになり、結果的にはスマートフォンの販売をやめ、市場から消えることとなりました。

 

いつ、どの様な製品を発表するのか今はわかっていません。一時代を築いたLeEcoの復活、非常に楽しみな2021年になります。

 

Source