Meizu 15 Plusの保護ガラスが流出。大まかな筐体デザインが明らかに

Meizu 15 Plusの保護ガラスが流出。大まかな筐体デザインが明らかに

Meizu 15

中国ECサイトの天猫に出店している 栢洛光旗艦店 がMEIZU創立15周年を祝ったスマートフォンになる「魅族15 Plus(Meizu 15 Plus)」の保護ガラスを販売しています。

これにより筐体のデザインが大まかに判明しました。

 

Meizu 15 Plusと思われるスマートフォンに使用されている壁紙は魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)に使用されているものと同じなのでハメコミ合成でしょう。

スマートフォン筐体はMeizu S6とは大きく異なり前面上部にはカメラのみが配置され、保護ガラスもカメラ部分のみがくり抜かれています。

つまり受話口が前面にないということになりますので、Xiaomi Mi MIX 2の様につなぎ目に配置されているのかもしれません。

 

背面は縦に並んだデュアルカメラ、その下には2016年のPROシリーズに搭載されたリング状に配置されたLEDフラッシュ、その下にMEIZUロゴが確認できます。

右側面には電源ボタンと指紋認証センサーが配置されており、Meizu S6と同じ配置になっています。

下部はスピーカーとマイクが左右対称に配置されたデザインになっており、USB Type-Cポートが真ん中にあります。

 

MEIZUのスマートフォンは下部にイヤホンジャックを配置するのですがこの画像にはなく、更に、上部を鮮明に写した画像にもイヤホンジャックの存在が確認できません。

MEIZUは自社でイヤホンを製造・販売しているのでイヤホンジャックの除外には非積極的なはずですが、時代の流れには逆らえないということでしょうか。

 

MEIZU創立15周年を祝った「Meizu 15」シリーズの「Meizu 15 Plus」「Meizu 15」と「Meizu 15 Lite」は既にGoogle Playのサポート端末リストに追加されており、「Meizu 15」シリーズはPlus、無印、Liteの3機種展開を行うことが判明しています。

まだどのようなスペックになるのかは判明していませんが、一部情報では「Meizu 15 Plus」はQualcomm Snapdragon 835かSAMSUNG Exynos 9 Series(8895)になる可能性が高く、2018年のフラッグシップモデル向けSoCを搭載する可能性は低いようです。

 

Source