/  Meizu News  /  SAMSUNG Exynos 8895V / 8895Mのスペックがリーク。GPUのコア数は上位版で20個!
Meizu News, Other

SAMSUNG Exynos 8895V / 8895Mのスペックがリーク。GPUのコア数は上位版で20個!


SAMSUNG Exynos 8895V / 8895Mのスペックがリーク。GPUのコア数は上位版で20個!

SAMSUNG製のSoCことExynosの2017年モデルのスペックがリークされました。

名前はExynos 8895V、Exynos 8895Mの2種類となっています。

 

8895Vがベースモデル、8895Mが上位モデルです。

末尾のアルファベット「V、M」はMediaTekの場合、Vが上位版、Mが下位版となりますので、混同しないように気をつけないといけません。

 

20161228173318_19470

気になるスペックの共通部分は

プロセスが10nm、CPUがExynos M2 + ARM® Cortex®-A53™の8コア?、GPUのクロック数は550MHz、4チャンネルのLPDDR4X、内蔵ストレージがUFS 2.1、ディスプレイが4K、対応バンドがCat.16のLTE/TD-SCDMA/W-CDMA/GSMとなっています。

Exynos 8895VのCPUクロックは2.3GHZ + 1.7GHz、GPUがMali-G71 MP18。

Exynos 8895MのCPUクロックは2.5GHz + 1.7GHz、GPUがMali0G71 MP20となっています。

 

GPUを大幅に強化したKirin960はMali-G71 MP8ですので、Exynos 889は更に強力であることがわかります。

今1番良いとされているApple A10 FusionやSnapdragon 821 / 835はGPUの強いことで有名で、Exynos 8895もその肩を並べようとしています。

 

QualcommのSnapdragonはCDMA2000に対応していますが、Exynos 8895は非対応で、噂されているShannon 359が搭載されれば全てのネットワークに対応することが出来ます。

このチップが搭載されるのは2017年Q3とされています。

 

 

この2つのSoCはGalaxy S8 / S8 edgeに搭載する可能性は2017年Q1にSnapdragon835を搭載して販売されるようですので、今のところ低いとされています。

Galaxy Note7の後継機となるスマートフォンに搭載されるかもしれません。

 

一方でExynosはMeizuのPROシリーズ限定で使用されていて、Exynos 8890は11月30日にMeizu PRO 6 Plusとして販売されました。

この流れを引く次ぐのであれば、Exynos 8895V / 8895Vを搭載したMeizu PRO 7 Plus(仮称)は年末に発表・販売されるでしょう。

 

Snapdragon835がQualcommとSAMSUNGの共同開発ということで、Exynosが無くなるのではないかという噂がありましたが、この情報によって救われたのは、現状ではQualcomm製SoCを使用することが出来ず、真のフラッグシップとしてExynosを使うしかない“Meizu”でしょう。

首の皮一枚繋がったMeizuですが、Qualcommとの問題は解消していませんので、まだまだ戦いは続きそうです。

 

 

Source



スポンサードリンク
シェアお願いします