「JDtab J01」が3Cの認証を取得していることが判明

突如発表されたFlymeを搭載したタブレット「Jdtab J01」が中国の認証機関である3Cの認証を取得していることが判明しました。

タブレットとして認証を取得しているため、SIMカードを挿入することは出来ません。

 

認証を通過したのは2016年11月4日で、Meizu M5の発表が行われた直後です。

この頃にはタブレット端末を出すという情報はなく、メジャーな媒体でもスルーされていましたが、Meizuはあるサインを出していました。

10月17日に媒体向けに説明会を行い、その際にAndroid TV向け「Flyme for TV」に加え、タブレット向けFlyme「Flyme for Tab」を発表していました。

「Flyme for TV」を搭載したMeizu BOXはMeizu M5と同時に発表されましたが、「Flyme for Tab」を搭載したタブレットは発表されなかったのですが、制作自体はほぼ同時に行われていたことがわかります。

 

tb2uxs9xp5n-ebjszfkxxx_qvxa_82070683

充電の規格は5V / 2AでPump Express 1.0の規格にあたっています。

充電器の型番はHKC0115020-1Bです。

この充電器は淘宝網で普通に販売されているもので、ACアダプターを製造しているHuntKeyが制作したものです。

 

 

JDtabは中国向けのECサイト「京東」のみで販売されるタブレットで、国外の方が購入するには代行を頼むしかありません。

専用アプリとして京東がプリインストールされますので、グローバル展開はないと思います。

 

Source