Meizu 15 Plusの発表からそろそろ1年。Samsung Exynosプロセッサーはもう採用しない?

Meizuと言えばSamsung Exynosプロセッサーを採用していることで有名です。Meizuの知名度が大きく広がったMeizu MXやMeizu MX2、Meizu PRO 5はExynosプロセッサーを採用しており、同じプロセッサーを採用しているSamsung Galaxy製品よりも安いことから注目を集めました。

Meizu PRO 5以降もExynosプロセッサーの採用を続けていましたが、2017年・2018年・2019年と時が進むにあたってそれが途切れようとしています。

 

MeizuにおけるExynosプロセッサー搭載機はMeizuを代表する旗艦スマートフォンに採用され、前述したMeizu MXMeizu MX2Meizu PRO 5Meizu PRO 6 Plusに採用されています。2016年までは毎年採用していましたが2017年はExynosプロセッサー搭載機が発表されず、このまま採用しないのではないかと憶測を呼びましたが、2018年に入ると1月にはMeizu S6(Meizu M6s)、4月にはMeizu 15 Plusが採用するといった現象も起きています。

 

しかし、問題なのはそれからの話で、2019年3月に発表された4800万画素カメラを採用したMeizu Note9はQualcomm Snapdragon 675、3月末から4月に発表予定のMeizu 16s/16s Plus/16TはSnapdragon 855を採用することがわかっています。Qualcomm製プラットフォームの採用が目立つようになってきました。

2018年4月に発表されたMeizu 15 PlusはExynos 8895を採用していますので最新のExynos 9820との間にあるExynos 9810を採用する余地はありますが、Snapdragon 845搭載機を2018年8月にMeizu 16thMeizu 16th Plusを発表しているので、Meizuの製品展開から考えると搭載する隙間がない状態です。一般的にExynos 9810はSnapdragon 845よりも性能が低く、それをわざわざ採用する意味がないのです。

 

Meizu S6(Meizu M6s)のようにMeizu専用プロセッサーを開発してもらう可能性も否めませんが、今のMeizuは落ち目の企業なのでSamsungが成長の見込めない企業向けにわざわざ新しいプロセッサーを開発するということも考えにくく、ExynosプロセッサーをMeizuが採用するのは、MeizuとSamsungどちらにとっても利点がないと言えます。

 

このままの状態が続けばMeizu 15 PlusがSamsung Exynosプロセッサーを採用した最後のスマートフォンになるかもしれません。AliExpressにて開店しているMEIZU Official Storeでは約30,000円で販売されているので比較的購入しやすい部類に入りますので、どうしてもという方は是非。私がMeizuに興味を持ち始めたのはExynosプロセッサーを採用しているからという理由が結構大きいので採用を続けてほしいと思っていますが、2019年はどうなるでしょうか。