2016年8月24日にmBackの特許を取得。今後中国国内でこの技術がMeizu以外で使用できないように

Meizuの主要な技術である、ホームボタンに触れると戻る、押し込むとホームキーになるmBackが中国国家知識産権局(SIPO)にて特許を取得しました。

今後この技術を他の企業で使用できなくなり、独占の技術となります。

 

つまり、この技術を使用するとMeizuがSIPOを通じて訴訟をすることが可能になり、特許侵害であることが認められれば相手企業が賠償金を払うなどの措置を取ることになります。

XioamiのMi5でこのような技術を用いているらしいのですが、筆者はXiaomi製スマートフォンを持っていないので真偽がわかりませんが、実際に用いているのであればMeizuが訴訟を起こし、最悪の場合は賠償金だったり販売停止処分ということがありえます。

 

申請日は2012年6月28日で、授受広告日2016年8月24日です。

Meizu企業としてCEOの黄秀章 氏が申請しています。

番号はCN104272712B。

 

 

Source

授权公告号:CN104272712B