ASUS ROG Phone 3のリフレッシュレートを最大160Hzにする方法が判明

ASUS ROG Phone 3のリフレッシュレートを最大160Hzにする方法が判明

Other

Qualcomm Snapdragon 865 Plus 5Gを搭載したASUS ROG Phone 3は144Hzの非常に高いリフレッシュレートを有していますが、ASUSは更に高い160Hzを用意しておりadbコマンドを使うことで160Hzのリフレッシュレートを利用出来ることがXDA Developersから明らかになりました。

 

adb shell setprop debug.vendor.asus.fps.eng 1

PCのadb環境を整えてからASUS ROG Phone 3のUSBデバッグを有効化してPCへ接続し、コマンドプロンプトから上のコマンドを入力することで160Hzの高リフレッシュレートを利用できるようになるようです。このコマンドを入力したら再起動を行い、設定->ディスプレイ->リフレッシュレートから160Hzを選択できるように変更されているようです。

 

Snapdragon 865 Plus 5Gを搭載したASUS ROG Phone 3はユーロ圏では価格がRAM 12GB+内蔵ストレージ 512GBモデルが999ユーロ(12万3,500円)、16GB+512GBモデルが1099ユーロ(13万6,000円)に設定されています。中国市場では12GB+128GBモデルが4299元(6万4,000円)、12GB+256GBモデルが4699元(7万1,000円)、12GB+512GBモデルが6999元(10万6,000円)、16GB+512GBモデルが7999元(12万1,000円)に設定されています。2020年7月27日現在、日本市場で販売するか明らかになっていませんが、ASUS ROG Phone、ASUS ROG Phone IIは日本市場で販売されていますので、いずれかのモデルが日本市場で販売されると考えています。

 

 

Source