Meizu MX6に国際版のROMを焼く方法

Meizu製スマートフォンにはリージョンIDと言うものが設定されており、こちらのIDで中国版なのか国際版なのか判定をしています。

Meizu Pro 6、Meizu m3 noteはリージョンIDを変更することで、国際版として認識させることが可能でしたが、Meizu MX6はリージョンIDを変更しても中国版として認識されてしまい、国際版のファームウェアを焼くことが出来ません。

しかし、Root権限を必要とするアプリを使用すると、中国版のMeizu MX6でも国際版のファームウェアを焼くことが出来るようになります。

 

現在、リージョンIDを変更して国際版のファームウェアを焼くことが出来るの以下のスマートフォンとなります。

 

準備物

  • Meizu MX6(M685Q)
  • 国際版のファームウェア
  • SuperSU
  • FlashFire

 

How to Flash Global ROM

S60819-230903

Meizu MX6のRoot権限を取得し、Root権限管理アプリをSuperSUに変更します。

SuperSUに変更しないと、FlashFireが使用できません。

ReaMEIZU

 

アプリは以下のリンクからダウンロード出来ます。

 

国際版のファームウェアを内蔵ストレージに保存します。

ルートディレクトリに保存した方がいいでしょう。

国際版のファームウェアのダウンロードは以下の記事をご覧ください。

 

s61004-175748

FlashFireをSuperSUで許可をし、以下の操作をします。

 

s61004-175808

s61004-175853

「+」をタップし、「Flash ZIP or OTA」を選択。

国際版のファームウェアを選択し、「Mount /system read/write」にチェックを入れます。

右上のチェックマークをタップ。

 

s61004-182806

s61004-182814

「+」をタップし、「Wipe」を選択。

「System data」、「3rd party apps」、「Dalvik cache」、「Cache partition」にを選択し、右上のチェックマークをタップ。

 

s61004-182916

s61004-182856

最下部にある「FLASH」をタップし。「OK」をタップして国際版のファームウェアを焼いていきます。

 

 

注意

上記の「OK」をタップした時点で、中国版のMeizu MX6に国際版のファームウェアを無理やりインストールすることになりますので、Meizuの定める保証を大きく外れる操作をしています。

この操作により、Meizu MX6が起動しなくなった等の不具合に遭遇しても、Meizuはもちろん、ReaMEIZUは一切の責任を負いません。

 

img_2711

FlashFireによって、国際版のファームウェア(update.zip)が焼かれていきます。

この際に、電源を切るなどの操作をしないように気をつけて下さい。

 

img_2712

程なくすると勝手に起動します。

3~4分程かかりますので、ゆっくり待ちましょう。

 

img_2713

起動したら、言語選択画面になり、中国版のファームウェアにはなかった言語が追加されていれば完了です。

 

 

systemを改変してインストールしたものではないため、安心して使用できます。

残念ながらOTAを受け取ることは出来ませんので、アップデートの際は、フルパッケージのファームウェアをダウンロードし、FlashFireを用いて”Wipeしないで“アップデートして下さい。

 

外観のレビューは以下の記事をご覧ください。

 

s-l500

MEIZU MX6 5.5″ IPS 4GB 32GB Android 6.0 Helio X20 Deca Core Touch ID SmartPhone

Price: EUR 262.99