Meizu製スマートフォンを日本語化する方法

Proシリーズ第一弾のMeizu Pro 5を始め、全てのMeizu製スマートフォンには日本語ロケールがありません。

海外製スマートフォンを使用する上では日本語化というのが大事になるので、紹介したいと思います。

ただ、Meizu製スマートフォンの日本語化は、設定画面などすべての項目が日本語化されるわけではありませんので注意してください。

日本語化にはadb環境が必要になります。もしなければ、こちらからadb.zipをダウンロードしてください。

Root権限を取得した方法もあります。Root権限を取得し、色々なアプリを使用する予定の方はRoot権限を使ったほうが簡単です。

adb環境での日本語化

  • USBデバッグを有効化する

S51209-213749

S51209-213756

設定画面から、Accessibility -> Developer options -> USB debuggingと進み、USBデバッグを有効化します。

  • Morelocale2をGoogle Playストアからインストールする

S51209-213839

様々なスマートフォンの日本語化に成功したMorelocale2をインストールします。

Google Playストアのインストール方法:Flyme OS 5.0にGoogle Playストアをインストールする方法

アプリをインストールする際に[RPC:S-7:AEC-7]と表示される場合:Google Playストアからアプリをダウンロードする際に[RPC:S-7:AEC-7]と表示された時の対処方法

  • adb.zipを解凍し、コマンドプロンプトを開く

adb_cmd

adbフォルダ内で”Shiftキー”を押しながら右クリックをすると、”コマンド ウィンドウをここで開く(W)”というものが出てくるので、クリックして開きます。

  • コマンドプロンプトでコマンドを入力

C:\Users\*****\Desktop\adb>adb shell
shell@mx2:/ $ pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION
ale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION <
shell@mx2:/ $ exit
exit

20150403182649827

  • Morelocale2で日本語化する

S51209-220318

最下部にあるJapaneseをタップして日本語という表示に変更されれば日本語化に成功しています。

Root権限を利用した日本語化

Flyme OS 5.0でRoot権限を取得する方法Flyme OS 4.5でRoot権限を取得する方法を読んでRoot権限を取得します。

S51209-220302

Molerocale2アプリを開き、最下部にあるJapaneseをタップするとポップアップが出てきますので、左にある[USE SUPERUSER PRIVILEGE]をタップします。

すると、Root権限が必要と聞いてくるので許可すると、日本語化が完了しております。

日本語化されているか確認

S51209-220307

S51209-220318

一番簡単なのはGoogle Playストアで確認するものです。

Playストアを開いた時に日本ロケールで開いた時と同じ表示になれば成功です。

S51209-211918

S51209-221513