Flyme OS 5.0でRoot権限を取得する方法

Flyme OS 5.0でRoot権限を取得する方法を記したいと思います。

Flyme OSではFlyme OS 2.0からツールを使わずにRoot権限を取得することが出来るようになっております。

ですが、はじめて触る方にはどのようにRoot権限を取得するのかわからないと思いますので、なるべく詳しく記したいと思います。

Flymeアカウントを取得しているとして書いていきます。

Root権限の取得方法

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

Screenshot_2015-10-07-23-28-34

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

Screenshot_2015-10-07-23-28-40

[/wc_column][/wc_row]

Meizu端末を起動させ、ホーム画面にあるSettingアプリを開きます。

そして、Setting項目内にある”Fingerprint and security”を開きます。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

Screenshot_2015-10-07-23-28-46

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

Screenshot_2015-10-07-23-29-00

[/wc_column][/wc_row]

“Fingerprint and security”項目内にある”Root oermission”を開き、利用規約を読んで、Acceptを押してFlymeアカウントを取得した際に設定したパスワードを入力します。

パスワードが設定したものと一致していると再起動し、ホーム画面が表示されるとRoo権限の取得に成功しています。

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

Screenshot_2015-10-07-23-34-12

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

Screenshot_2015-10-07-23-36-22

[/wc_column][/wc_row]

Meizu謹製のsuバイナリは他のRootアプリと相性が悪く、SuperSUを使ってsuバイナリを更新します。

主にTitanium Backup ★ rootとの相性が悪く、バックアップは出来るのですが、容量が足りないというエラーが出てレストアが出来ないので、SuperSUを使ってsuバイナリを更新します。

Root権限を放棄する方法

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]

Screenshot_2015-10-07-23-25-30

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

Screenshot_2015-10-07-23-28-16

[/wc_column][/wc_row]

Meizuがリリースしているファームウェアの”update.zip”を使うとRoot権限を放棄することが出来ます。

データを削除しないでアップデートすればRooot権限だけを放棄することが出来るので、やることやったらファームウェアを適用させてRoot権限を放棄する方がいいでしょう。