2017年もあと少し。Meizuは後何台発表する予定なのか2016年の傾向から考える

2017年も残す所3ヶ月となりました。

メーカーによってはもう既に発表し終えたというところもありそうですが、2017年Q4にはその年を代表するフラッグシップモデルがリリースされることが多いです。

 

Meizuは既に発表し終えたのか、それともまだ隠し玉があるのか、2016年の傾向と最新の情報からから考えたいと思います。

Meizuは2017年2月にMeizu M5sを発表していますが、今回は2017年4月から内部の動きが大きく変わったと思われるのでそれから考えたいと思います。

 

2016年 ~ 2017年3月までに発表されたスマートフォンは時系列で表すと以下のようになります。

  • Meizu M3 Note : 2016年4月
  • Meizu PRO 6 : 2016年4月
  • Meizu m3 mini : 2016年4月
  • Meizu M3s : 2016年6月
  • Meizu MX6 : 2016年7月
  • Meizu M3E : 2016年8月
  • Meizu U10 : 2016年8月
  • Meizu U20 : 2016年8月
  • Meizu M3 Max : 2016年9月
  • Meizu M5 mini : 2016年10月
  • Meizu PRO 6s : 2016年11月
  • Meizu M3X : 2016年11月
  • Meizu PRO 6 Plus : 2016年11月
  • Meizu M5 Note : 2016年12月
  • Meizu M5s : 2017年2月

計15機種発表したことになり、1月1.2台発表している計算です。

ちなみに2017年4月 ~ 同年9月22日まで発表されたスマートフォンは時系列で表すと以下のようになります。

  • Meizu M2 E : 2017年4月
  • Meizu M5c : 2017年5月
  • Meizu PRO 7-S : 2017年7月
  • Meizu PRO 7-H :2017年7月
  • Meizu PRO 7 Plus : 2017年7月
  • Meizu M6 Note : 2017年8月
  • Meizu M6 mini : 2017年9月

計7機種発表していることになります。

Meizu PRO 7-SはMediaTek Helio P25(MT6757CD)搭載モデル、Meizu PRO 7-HはHelio X30(MT6799)搭載モデルです。

 

Meizu M2 EはMeizu M3Eの後継機、Meizu PRO 7-SはMeizu PRO 6、Meizu PRO 6sはMeizu PRO 7-H、Meizu PRO 7 PlusはMeizu PRO 6 Plus、Meizu M6 NoteはMeizu M5 Note、Meizu M6 miniはMeizu M5 miniの後継機としてリリースされています。

Meizuの主要ブランドの「MX」の後継機が存在せず、まだMeizu MX7が控えていると考えてもいいでしょう。

 

そして、9月8日に数字尾巴(DGtle)と魅藍(Meilan)事業部総裁の李楠 氏との対談が行われ、魅藍ブランドは4つのシリーズ展開をしていくと発表しました。

  • 魅藍 Xシリーズ : フラッグシップモデル
  • 魅藍 Eシリーズ : 若者向けで1000元以上の高価なモデル
  • 魅藍 Noteシリーズ : メインシリーズで1000元程度
  • 魅藍 Miniシリーズ : 5.0 ~ 5.2インチの小型モデルで、Mブランドの基本的なモデル

上記にようになっていて、Uシリーズ、Maxシリーズのリリースがないと発言しているので今現在後継機が発表されていないのはMeizu M3Xとなります。

 

更に、Meizu M5 miniとMeizu M5sの違いはFlyme powered by YunOSなのか、通常のFlyme OSなのかでしたが、Alibabaとのパートナシップ契約が切れたのでMeizu M5 miniが通常のFlyme OSに変更されました。

その流れを引き継いでMeizu M6 miniに通常のFlyme OSが搭載されているので、Meizu M6sの発表はないと考えています。

 

つまり、2016年の傾向 + 最新の情報を使うとMeizu MX6の後継機、Meizu M3Xの後継機がまだ控えていると考えることが出来ます。

まだ存在すら捕捉されていないスマートフォンですが、いずれ認証機関で存在が捕捉されるでしょう。