Unisoc T7510を搭載したHisense R11 5Gを発表か、スペックはHisense F50 5Gと全て同じ

Unisoc T7510を搭載したHisense R11 5Gを発表か、スペックはHisense F50 5Gと全て同じ

Other

中国のHisense(海信)は5G通信に対応したSoCのUnisoc T7510を搭載したHisense R11 5G(HNR550T)を発表しました。型番HNR550TはUnisoc T7510を初搭載したHisense F50 5Gと同じですが、どうやら別の製品として発表されています。

 

Hisense R11 5Gについては気になる点がいくつか存在しており、スペックは既に発表しているHisense F50 5Gと全て同じで、Hisense R11 5GとHisense F50 5GスペックはAndroid 9 Pie、6.517インチHD+ディスプレイ、リアカメラが4800万画素(メイン)+200万画素(深度測定)+800万画素(広角)+200万画素(マクロ)のクアッドカメラ構成、フロントカメラが1600万画素(ティアドロップノッチ)、RAM 6GB、内蔵ストレージ 128GB、バッテリー容量は5010mAh、最大18Wの急速充電となっています。そのため何も違いがなく、画面のサイズ、画面の解像度、カメラの画素数、RAMと内蔵ストレージの容量、バッテリーの容量全てが同じです。Hisense R11 5Gの価格は3999元(約61,500円)となっていますが、全く同じスペックを持つHisense F50 5Gは2199元(約34,000円)という価格設定になって、Hisense R11 5Gが倍近く高いです。

 

レビュー/TENAA

更にこのHisense R11 5Gは京東(JD.com)で販売されていますが、購入者のレビューに添付されていた画像を見るとTENAAの免許番号が00-4710-208205と記載されており、これはHinsense F50 5Gに許可を出した番号となっています。リブランド品ということになるのでしょうか。

 

今回の製品については謎が多いです。Hisenseは京東や蘇寧(Suning)にて公式店舗を有していますが、今現在はE-Inkディスプレイを採用した読書端末しか販売していないため、このHisense R11 5Gを細かく追求することは出来ません。

 

Source