HisenseがUnisoc T610を搭載したタブレット、Hisense Q5 10.5インチを発表

HisenseがUnisoc T610を搭載したタブレット、Hisense Q5 10.5インチを発表

Other

中国山東省青島に本社を構えるHisense(海信)がUnisoc(紫光展鋭)が開発したUnisoc T610(虎賁T610)を搭載したHisense Q5(HITV105C)を2020年4月23日に開催した発表会で発表しました。

 

Hisense Q5のスペックはAndroid 10、10.5インチ単色HD RLCDグレアディスプレイ、Unisoc T610、RAM 4GB、内蔵ストレージ 64GB、リアカメラが500万画素、フロントカメラが200万画素、5050mAhバッテリーとなっています。nanoSIMx2に対応しており、4G LTE通信環境で使用することが出来ます。Hinsense Q5に搭載されているUnisoc T610はUnisocによるとCPUは2xARM Cortex-A75+6xA55のオクタコア構成で、CPUの周波数、GPUの種類や周波数、対応しているRAMや内蔵ストレージの規格、LTEカテゴリー、製造プロセスなどは不明です。

 

価格は4GB+64GBモデルが2299元(約35,000円)で、プリセールは6月10日に行われます。

 

 

Source(1) | (2)