HisenseがUnisoc T610を搭載したHisense A5 Pro、Hisense A5 Pro CC版を発表

HisenseがUnisoc T610を搭載したHisense A5 Pro、Hisense A5 Pro CC版を発表

Other
スポンサーリンク

中国山東省青島に本社を構えるHisense(海信)がUnisoc(紫光展鋭)が開発したUnisoc T610(虎賁T610)を搭載したHisense A5 Pro(HLTE203T)とHinsense A5 Pro CC版を2020年4月23日に開催した発表会で発表しました。

 

Unisoc T610はUnisocによるとCPUは2xARM Cortex-A75+6xA55のオクタコア構成で、GPUの種類や周波数、対応しているRAMや内蔵ストレージの規格、LTEカテゴリー、製造プロセスなどは不明です。製造プロセスは既に発表しているUnisoc T710Unisoc T310がTSMC製12nm FinFETなので、同じく12nm FinFETとなっていると考えています。

既に近いプロセッサーとしてUnisocは8月にUnisoc T618を発表しており、CPUは2xA75(2.0GHz)+6xA55(1.8GHz)のオクタコア構成、GPUはARM Mali-G52 MP2(850MHz)、製造プロセスはTSMC製12nm FinFETとなっています。おそらくはUnisoc T610はUnisoc T618の低クロックモデルになるでしょう。

 

Hisense A5 ProのスペックはAndroid 10、5.84インチモノクロ電子ペーパー、Unisoc T610、RAM 4GB、内蔵ストレージ 64GB、リアカメラが1300万画素、フロントカメラが500万画素、4000mAhバッテリーとなっています。Hinsense A5 Pro CC版のスペックはAndroid 10、5.84インチカラー電子ペーパー、Unisoc T610、RAM 4GB/6GB、内蔵ストレージ 64GB/128GB、リアカメラが1300万画素、フロントカメラが500万画素、4000mAhバッテリーとなっています。

Hisense A5 Proの価格は4GB+64GBモデルが1599元(約25,500円)、Hisense A5 Pro CC版の価格は4GB+64GBモデルが1799元(約27,500円)、6GB+128GBモデルが1999元(約30,500円)に設定されています。販売開始日は不明で、プリセールはHisense A5 Proが6月1日、Hisense A5 Pro CC版が6月10日に行われます。

 

 

Source