motorola edge s proのGPU周波数は通常通り、edge sは905MHzへOC

motorola edge s proのGPU周波数は通常通り、edge sは905MHzへOC

Lenovo傘下のMotorolaは先日開催した発表会でmotorola edge s pro(国際市場ではmotorola edge 20 pro)を発表し、Snapdragon 870 5Gを搭載していることからGPUの周波数がOC(オーバークロック)されているのではないかと考えているメディアが散見されますが、残念ながら通常通りであることが判明しました。

 

motorola edge s proがOCされていると考えられた根拠として、従来製品のmotorola edge s(国際市場ではmoto g100)は通常の670MHzから905MHzまでOCされているためです。

 

そのため技術を引き継いで905MHzまでOCされていると考えられましたが、当該製品のログを取得したところ最大670MHzで、通常のSnapdragon 870 5G搭載製品と変わらないことが明らかになりました。

 

SoCの性能部分だけを考えるのであればmotorola edge s proよりもmotorola edge sの方が満足できるでしょう。しかし、motorola edge s proは1億800万画素カメラや、高品質なディスプレイなど優れた部分がいくつかありますので、何が自分にとって合っているかを見極めて購入しましょう。

 

Source | 参考