GearBestで購入したスマートフォンにはショップ専用カスタムROMがインストールされているので注意

最近はショップによるカスタムROMが原因で思わぬ不具合に遭遇するということが多々報告されるようになりました。

そのまま使用するというのは言語道断なので、どうやってショップによってインストールされたカスタムROMなのか調べる方法を記したいと思います。

超マイナーなスマートフォンになると私の知っている方法では調べられないかもしれませんが、まぁまぁの知名度があるスマートフォンであれば簡単に調べることが可能です。

 

ショップによるカスタムROMを使用するのが何故ダメなのか

Blog-Art-14.07.29-Android-Fake-ID

まず、何故ShopによってインストールされたカスタムROMを使用するのがダメなのか簡単に説明をさせていただきます。

第一に、メーカーによって提供された純正のROMじゃないことがあげられます。

「いやいや、普通に利用する分には大丈夫でしょ」と思いがちですが、公式ROMではないということは、何か不具合が発生してもメーカーは対応しきれないのです。

もちろん、このショップROMによって特定のアプリが起動できないという不具合をアプリ製作者にフィードバックしても、「公式じゃないから対応しないの一点張り」というのが通用するのです。

そして、たいていのショップROMはアップデートアプリを削除していますので、メーカーがバグ修正をしたアップデートを配布しても、ショップによるカスタムROMはそのアップデートを受け取ることが出来ませんので、バグが残ったままのROMで使用を続けないといけません。

さらに、悪徳なショップによってはリカバリー領域をTWRPやCWM等のカスタムリカバリーに書き換えてしまうといったスマートフォン自体を純正じゃない状態にしてしまうということが有ります。流石にこれは稀ですが、ないとは言い切れないのが現状です。

 

昔のショップROMはキーロガーアプリや不正に通信するアプリがもりもりインストールされておりましたが、最近のショップROMはアップデートアプリを削除し、対応言語を増やしている、というのがメジャーです。

「アップデート面倒だし、純正じゃなくても使用できるならいいや」と思うならば、そのままの使用でも問題ないでしょう。

 

つまり、純正ではないROMを利用するといったメーカーの意図しないものを使用するということになるのでオススメをしておりません。

そのまま使用し、何か不具合が起きてもメーカーに問い合わせるのはお門違いになります。

 

ショップによるカスタムROMの見分け方

gi01a201502140300

大体のスマートフォンで可能なのは、ファームウェアのバージョンで検索をかけてみる方法です。

それでメーカー公式のページがヒットすれば公式のファームウェアの可能性があります。

引っかからければショップによるカスタムROMがほぼ100%インストールされております。

 

アップデートアプリがあるかどうかをチェックするのも重要です。

先程も言いました通り、カスタムROMはほぼ全てと言っていいほどアップデートアプリを削除しております。

何処を探してもアップデートアプリがなければカスタムROMです。

umi_update
MediaTek製SoCを搭載したスマートフォン特有のアップデートアプリ

AOSPをウリにしているスマートフォンでは、Google純正のアップデート画面が表示されればカスタムROMの可能性が非常に高いです。

MediaTek製のスマートフォンのアップデートアプリは緑色がベースカラーになっております。

 

次に、対応言語を見る方法です。

ここで注意して欲しいのは、日本語に対応しているかどうかという点です。

対応言語に日本語がありながら、設定項目が”完全に日本語化されていない”ものはショップによるカスタムROMです。

最新機能は日本語化されないというのは時々有りますが、普通なら日本語化されるであろう項目ですら日本語でないというのがカスタムROMの特徴です。

 

次に、ファクトリーリセットをしてアプリの配置が変更されればカスタムROMの可能性が非常に高いです。

純正の場合ですと、アプリの配置は一切替わりません。

 

GearBestによるMeizuのカスタムROMのバージョン

29181C39361C3C833478402C35924215_640-781

GearBestに販売されているMeizu m3 noteのバージョンはFlyme 5.8.99.0Gとなっております。

Meizuが提供しているFlyme 5は、Flyme 5.1やFlyme 5.2、そしてFlyme 5.6のみです。

というわけで、Flyme 5.8はMeizu公式のファームウェアでないので、カスタムROMということになります。

そのまま使用するのはオススメできませんし、ましてやそのままの状態でブログやSNSに感想を書いてしまうというのはメーカーに対して”非常に”失礼ですのでやめましょう。

 

こんな記事書いたら対策されそうだけど、そのまま使用する人が一人でも減ってくれると嬉しいと思いましたので、記事にしました。

大手メーカーだと、ファームウェアをダウンロードできるページが有りますので、購入したら目もくれずに純正ROMをインストールするのをオススメします。

マイナーなメーカーでもSP Flash Toolで純正に出来るファームウェアを提供しているところもありますので、買った状態のまま使用することはやめましょう。

ReaMEIZUではFlyme Updateというカテゴリーでアップデート情報を毎回記事にしておりますので、是非ご覧ください。