au向けGalaxy A32 5G SCG08はDimensity 720を搭載、日本市場初のDimensity搭載製品か

au向けGalaxy A32 5G SCG08はDimensity 720を搭載、日本市場初のDimensity搭載製品か

Benchmark

日本の著名サイトblog of mobile(外部サイト)によって存在が明らかになったau向け製品と思われるGalaxy A32 5G SCG08は、MediaTek Dimensity 720を搭載していることがGeekbenchによって明らかになりました。

 

情報元となっているFCCによるとGalaxy A32 5G SCG08の型番はSM-A326Jで、これと似た名称を持つSM-A326BがGeekbenchに出現しています。SM-A326BのスペックはAndroid 11+RAM 4GBで、最新版のGeekbench 5.2.5で計測され、シングルコア性能は477点でマルチコア性能は1,598点となっています。

 

GeekbenchではSoCの名称としてMT6853V/NZAであることを公開しており、MT6853VはMediaTek Dimensity 720の型番です。開発者コードを利用して詳しく見ると、CPUは最大周波数2.0GHz、GPUはARM Mali-G57 MC3を採用しており、Dimensity 720のスペックと合致します。また、SM-A326Bの計測時のBuildは“RP1A.200720.012.A326BXXU0ATLB"で、Build Tagsは“release-keys"となっているため、近く商用製品として発表されることがわかります。

 

2020年12月現在、MediaTek Dimensityを採用した製品は日本市場にはありませんので、au向けGalaxy A32 5G SCG08が日本市場初のDimensity採用製品となる可能性が高いです。

 

 

Source(1) | (2) | 参考