魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)に搭載される“Super mBack”とは一体何か解説

1月17日に発表された魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)は18:9のアスペクト比のディスプレイを搭載するためにMEIZUが今まで大事にしてきたホームボタンの“mTouch”を廃止してナビゲーションバーを採用しています。

ただ、そのナビゲーションバーも他社と同じではなくホームキーがひとつ配置されているだけとなっています。

そのホームキーによって様々な操作が可能になっている技術が今回解説する“Super mBack”となっています。

 

まず、“Super mBack”ではなくホームボタン(mTouch)が搭載されているスマートフォンで操作が可能だった“mBack”について簡単に解説します。

MEIZUのスマートフォンにはホームボタンの隣にキーを配置しておらず、ホームボタンに触れるとバック操作、押し込むとホーム操作が出来ていました。

この2つの操作が“mBack”で、この機能を真似したスマートフォンはいくつか出ておりますが、祖はMEIZUであることは覚えてもらいたいです。

 

そして今回発表された“Super mBack”はナビゲーションバーに配置されているホームキーを使って様々な操作が可能になっています。

触れるとバック操作、押し込むとホーム操作、長く押し込むと画面オフ、スワイプアップするとタスク操作、横に1度スライドすると1つ前に使用していたアプリに遷移、横に長くスライドすると今までに使っていたアプリを選ぶことが出来ます。

文章で見るとAppleのiPhone Xに近い操作に感じますが発表会を見ていると全く違うように感じましたので、触れないと魅力はわからないと思います。

 

今のところ“Super mBack”に対応したスマートフォンは魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のみで、今後発表していくMEIZU製スマートフォンにも搭載していく見込みです。

その魅藍 S6(Meizu S6/Meizu M6s)のスペックは、Android 7.0 NougatをベースとしたFlyme 6.2、5.7インチHD+(1440 x 720)ディスプレイ、SoCはSAMSUNG Exynos 7872、GPUはARM Mali-G71 MP1、リアカメラが1600万画素、フロントカメラが800万画素、RAM 3GB(LPDDR3) + 内蔵ストレージ 32GB / 64GBの2モデル展開、バッテリーの容量が3000mAhです。

発表会の様子はこちらをご覧ください。

 

Source