GearBestが製品提供者に泣きついている件について

風評被害ではなく事実であるので、あのような記事を書いたのですが、GearBestの中の人はどうやら「風説の流布だ」と思っているらしく、製品提供者に泣きついて弁護をしてもらっております。

それこそ第三者ではなく公式に声明を出すべきだと思いますが・・・。

まぁそれはどうでもいいですけど、その泣きついて記事にしてもらった中におかしなものがあるのでそれについて訂正をしていきたいと思います。

 

泣きついて弁護してもらっている記事はこちら。

 

GearBestはショップカスタムROMをインストールしているのか?

GearBest(以下、GB)「インストールしている端末としていない端末があります。ショップカスタムROMをインストールしている端末は、標準でGoogle Playが使えない端末に限って行っています」

たとえば、中国版と国際版の2つのモデルが用意されている Meizu や Xiaomi の中国版端末には、カスタムROMをインストールしているとのことでした。

カスタムROMをインストールしていることを認めております。

純正でないものを提供していると発表していることになります。

 

どのようなカスタムを行っているのか?

GB: 「Google Playのアプリケーションと、多言語対応用のロケール情報(日本語の言語ファイルなど)をインストールしています。巷で噂になっているようなキーロガー やトロイの木馬のようなマルウェアはインストールしていません。また、そのようなものをインストールする技術力は弊社にはありません」

GB:「カスタムROMのインストールはGearBestで行う場合と、バイヤーが行う場合、メーカーにお願いしてメーカー側にインストールしてもらうことがあります」

とのことでした。

「多言語対応用のロケール情報(日本語の言語ファイルなど)をインストールしています。」という文面から前に書いた記事で私が述べた、ユーザーに喜んでもらうためという自身の保身のためであることがわかります。

そして、MeizuなどXiaomiはブートローダーをロックしており、更にリカバリーモードでは純正の物しかインストール出来ないので、「技術力がない」というのは真っ赤なウソになります。

Root権限を取得してSystemを焼き変えているとしかいえません。

技術力がない事を正当化したい場合は、インストール手順を明らかにすべきです。

 

なぜ、カスタムROMをインストールするのか?

GB:「お客様のニーズに合わせて、多言語対応やデフォルトでGoogle Playを利用していただく為です」

これは、正直余計なお世話なところもありますね。個人で端末を輸入するような人は、自分でGoogle Playや言語ファイルのインストールぐらいできますからね。

会社の保身のためですね。

これに関しては私は一切文句言っていません

 

カスタムROMはアップデートを潰したりしているのか?

GB:「そのようなことはしていません。また、そのような技術は弊社にありません。一部の人が誤解をしているが、中国版の Xiaomi や Meizu の端末は、中国国外でOTAのアップデートすること自体できません」

高橋:「過去に、サンプルで送っていただいた Meizu M3 Note は日本国内でもOTAがきたことがありますが?」

GB:「Meizuのサポートセンターと確認をとりましたが、時折アップデートの通知が国外でも行くことがあります。しかし、中国国内に比べると、アップデート通知は大変不安定です」

OTAを潰していないのは非常に素晴らしいが、カスタムROMにより日本語ロケールがあったのにアップデートにより消失してしまうことは何も思わないのだろうか。

更に、OTAの配信に国は関係ないです。

たとえ中国国内のスマートフォンだとしても配信されれば、受け取る側が検閲していない国であればアップデートを受け取ることが出来ます。

 

どのようにアップデートすればいいのか?

GB:「Xiaomi や Meizu の端末の場合、国際版のROMが配布されているので、そちらからROMをダウンロードしてきてアップデートしてください」

GB: 「また、アップデートを潰すような措置はとっていないため、地域によってアップデートが出来ない端末以外は、原則としてどの端末もアップデートが可能です」

GB:「ただし、ファームウェアのアップデートは利用者の自己責任で行ってください。アップデートすることはできますが、それにより発生した不具合は弊社では一切責任を取ることはできません」

このあたりは輸入スマホの宿命ですね。販売している側もあくまでも小売りなわけですから、長期間にわたって利用が考えられる全てのスマートフォン でアップデートの保証やサポートをすることは無理ですからね。そういう人は素直に、国内で保証が充実したスマホを購入した方が良いと思います。

中国版に国際版のファームウェアをインストールしろって?

大丈夫かよここ。リージョンIDでインストール出来ないようにしているのがほぼ全て。

3行目は私の思うとおりです。受け取った後の故障はメーカー公式が声明を出すまではユーザーの責任です。

 

カスタムROMをインストールしていない端末は販売していないのか?

GB:「販売しています。”Overseas Version”や”International Edition”とタイトルに書かれているものは、国際版のためカスタムROMをインストールしておりません」

高橋:「たとえばどのような製品がありますか?」

GB「XiaoMi Redmi 3 Pro Overseas EditionXiaoMi Redmi 2 Proがあります。他にも探していただければ、国際版の端末を見つけることができると思います」

 

GearBestは上記の様かもしれませんが、中国版に無理やり国際版のROMをインストールして、国際版を販売していると謳っているところがゴマンとあります。

ので、この辺は検証が必要です。

 


という感じです。

GearBestにて販売されたMeizu製スマートフォンにインストールされているFlyme 5.8.0.99Gについてはなにもないんですね。

公式に配信されていないバージョンを表示させるというのは如何なものかと思います。

 

まだまだ問題が有りますので、弁護人となっている高橋 望 氏にはもっと追求してもらいたいですね。