SoftBank向けOPPO Reno3 5Gと中国市場向けOPPO Reno3 Pro 5G、インド市場向けOPPO Reno3 Pro 4Gの違い

SoftBank向けOPPO Reno3 5Gと中国市場向けOPPO Reno3 Pro 5G、インド市場向けOPPO Reno3 Pro 4Gの違い

Other

日本時間2020年3月5日にSoftBankは「SoftBank 5G 新商品・新サービス発表会」を開催し、5G通信対応スマートフォンとしてOPPO Reno3 5Gを発表しました。OPPOは先に中国市場向けにOPPO Reno3 5Gを発表していますが、搭載しているSoCはMediaTek Dimensity 1000Lとなっています。一方で、SoftBank向けOPPO Reno3 5GはSnapdragon 765G 5Gを搭載しており、これは中国市場向けのOPPO Reno3 Pro 5Gと同じです。これによって混乱が生じていますので、SoftBank向けOPPO Reno3 5Gと中国市場向けOPPO Reno3 Pro 5G、インド市場向けOPPO Reno3 Pro 4Gをカタログスペックで比較を行います。インド市場向けは5G NRに非対応なため、基本的には触れないで話を勧めます。

なお今回のスペック表は、SoftBank公式、OPPO China公式、OPPO India公式に記されたものをまとめているだけなので、より詳しいスペックが気になる方は記事内最下部にあるSourceから各自ご覧ください。

 

まず最初に気になる点として、SoftBank向けOPPO Reno3 5Gと中国市場向けOPPO Reno3 Pro 5GはQualcomm Snapdragon 765G 5Gを搭載していますが、CPUの周波数が2.3GHz+2.2GHz+1.8GHzと2.4GHz+2.2GHz+1.8GHzで異なっています。Snapdragon 765G 5Gには下位モデルとなるSnapdragon 765 5Gが存在しており、それのCPUの周波数は2.3GHz+2.2GHz+1.8GHzとなっているため、どちらを搭載しているのか非常に気がかりです。日本のキャリアはCPUの周波数を記すとき、例えばSnapdragon 855の最大周波数は2.84GHzに設定されていても2.8GHzと四捨五入することがありますが、今回のSnapdragon 765G 5Gはた正しく記すと2400MHzになるので、絶対に2.3GHzなることはありえないと考えています。この謎は早急に解決していただきたいと考えています。

RAM容量+内蔵ストレージはSoftBank向けが8GB+128GBの1種類、中国市場向けが8GB+128GBと12GB+256GBの2種類展開が行われており、下位モデルが採用されています。SoftBankが同時に発表したAQUOS R5G(Snapdragon 865 5G)が12GB+256GB、LG V60 ThinQ 5G(Snapdragon 865 5G)が8GB+128GB、ZTE Axon 10 Pro 5G(Snapdragon 865 5G)が6GB+128GBなので、12GB+256GBモデルは見送ったと考えています。

 

背面カメラと前面カメラ、ディスプレイはSoftBank向けと中国市場向けは共通しており、ディスプレイは6.55インチと6.5インチになっていますが、正しく記すと6.55インチになるのでしょう。

この他大きく異なっているのは対応バンドで、5G NRはSoftBankに対応する形に、CDMA2000とCDMAはSoftBankが公開している対応表には記載がありませんでした。日本市場へのカスタマイズも行われており、おサイフケータイや緊急地震速報に対応しています。カラーは中国市場向けは4色展開ですが、SoftBank向けはミスティホワイトの1色展開。

価格は未発表ですが、中国市場向けは3999元(約61,000円)と4499元(約68,500円)に設定されています。インド市場向けは5G NRに非対応ですが、29,990インドルピー(約43,000円)と32990インドルピー(約47,500円)となっています。

 

SoftBank | OPPO China | OPPO India