coolpadがUnisoc T7510を搭載したcoolpad X10を発表、約21,500円から

coolpadがUnisoc T7510を搭載したcoolpad X10を発表、約21,500円から

Other

coolpadが新製品発表会を開催し、Unisoc(紫光展鋭)製Unisoc T7510を搭載したcoolpad X10を発表しました。coolpad初の5G通信対応製品となっています。

 

主なスペックはAndroid 10、6.517インチのティアドロップノッチを採用したHD+ディスプレイ、リアカメラが2100万画素+500万画素+200万画素のトリプルカメラ、フロントカメラが1300万画素、RAM+内蔵ストレージは4GB+128GB/6GB+128GB、バッテリー容量は4600mAhとなっています。価格は4GB+128GBモデルが1388元(約21,500円)、6GB+128GBモデルが1588元(約24,500円)となっています。8月20日より予約注文の受付を開始することを明らかにしていますが、販売開始日については現在不明です。

 

Unisoc T7510を搭載した機種としては2番目となり、初搭載機はHisenseのHisense F50 5Gとなっています。Unisoc T7510はSub-6GHz帯のNSA/SAのデュアルモードに対応したSoCとなっています。

 

Unisocは国際市場におけるプロセッサー向けブランドの“Tiger”と通信モデム向けブランドの“Ivy”の廃止を公式が明らかにしており、2018年11月にスタートしたブランドの“Tiger”と“Ivy”は、約1年4ヶ月で幕を閉じています。そのため、coolpad X10が搭載しているSoCの名称はUnisoc T7510となります。

 

Source