2016年になったので、beta版のファームウェアの名前が変更されます。

ベータ版のファームウェアはFlyme OS 5.5….となっていたと思いますが、2016年になったので2番目の数字が6に変わり、Flyme OS 5.6….となります。

2015年最後のファームウェアはFlyme OS 5.5.12.29で、Flyme OS 5の(201)5年度12月29日のリリースという形で名前がつけられておりました。

なので、2016年となったので、今回リリースされたファームウェアではFlyme OS 5. (201)6年度1月5日のリリースでFlyme OS 5.6.1.5となっております。

Flyme OS 5.5やFlyme OS 5.6はベータ版という意味であって、中身はFlyme OS 5.0ですので注意してください。

命名方法は過去記事にて詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。